カロリーナ・パスクアル

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はパスクアル第二姓(母方の)はグラシアです。(Template:スペイン語圏の姓名

カロリーナ・パスクアルスペイン語: Carolina Pascual Gracia, 1976年6月17日 - )は、スペインオリウエラ出身の新体操選手。バルセロナオリンピック個人総合で銀メダルを獲得した。

カロリーナ・パスクアル Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Carolina Pascual 1991 Atenas 02.PNG
選手情報
フルネーム Carolina Pascual Gracia
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1976-06-17) 1976年6月17日(45歳)
生誕地 アリカンテ県オリウエラ
種目 新体操
獲得メダル
オリンピック
1992 個人総合
世界選手権
1993 クラブ
1991 団体総合
ヨーロッパ選手権英語版
1990 団体総合
1992 団体総合
テンプレートを表示
1991年世界選手権におけるパスクアル

経歴編集

7歳までバレエを習っており、バレエ教師はパスクアルが持つ新体操の素質を見抜いた。オリウエラには新体操クラブがなかったため、母親はムルシアにある新体操クラブまで車を1時間運転して送り迎えした。後にはアリカンテ県の県都アリカンテにあるアトレティコ・モンテマールに移っている。

1990年にはスペイン代表ヘッドコーチのエミリア・ボネーバによってスペイン代表に招集された。1990年のヨーロッパ選手権英語版では銅メダルを獲得した。個人的には2種目で決勝に残り、個人総合12位となった。

1992年には地元スペインのバルセロナで開催されたバルセロナオリンピックに出場し、個人総合で銀メダルを獲得した。この大会ではロシアのオクサナ・スカルディーナが銅メダルを獲得しているが、スカルディーナは自身の結果に納得がいかず、表彰式ではパスクアルとの握手を拒否した。負傷によって1992年の世界選手権を欠場。1993年に地元アリカンテで開催された世界選手権では個人総合7位と苦しみ、大会後に競技から引退した。