カロンガ県

マラウイ・北部州の県

カロンガ県(カロンガけん、Karonga)は、マラウイ北部州にある県であり、中心となる都市もカロンガ(Karonga Town)である。

カロンガ県の位置

カロンガ県編集

この県は3355km²の面積と19万4572人の人口を擁する。この県は西側をチティパ県と、南側をルンピ県と、東側をマラウイ湖と接しており、北側はタンザニアとの国境となっている。県内にはンコンデ族が多いほか、県内南部に多く住むヘンガ族、タンザニアからの移民であるニャキュウサ族などが暮らしている。また、県内にはデイヴィッド・リヴィングストンの名にちなんだリビングストニアの町がある。

数年前にウラニウムの鉱脈が発見されて以降、以前の砂利道はターマックで舗装され、この地域は大規模に発展しつつある。

なお、マラウイ湖沿いには多くのホテルやゲストハウスがあるが、この地域ではビルハルツ住血吸虫が蔓延しているため、観光客の水泳はあまり推奨されない。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

参考文献編集

  • 栗田和明『マラウィを知るための45章』明石書店、2004年