メインメニューを開く

カワブKawab)は古代エジプト第4王朝王子。彼はクフ王とメリタテス1世の間に生まれた長男であった。カワブは宰相英語版を務め、ギーザのネクロポリスの一部である東地区英語版にある二連のマスタバ、G7110-G7120に埋葬された。

カワブ(Kawab)
カワブのサルコファガス(石棺)
カワブのサルコファガス(石棺)
職業 宰相英語版
神官
肩書き エジプト王太子
配偶者 ヘテプヘレス2世英語版
子供 ドゥアエヌホル英語版
カエムセケム英語版
ミンジェドエフ英語版
メレスアンク3世
クフ
メリタテス1世

目次

来歴編集

Kawab
K3 wˁb
彼の魂は純粋なり
ヒエログリフで表示
   

カワブはクフ王とメリタテス1世の間の長男であり、ジェドエフラーカフラーの異母兄弟である。彼は恐らく祖父であるスネフェルの治世に生まれた。カワブは姉妹であるヘテプヘレス2世英語版と結婚した。カワブとヘテプヘレス2世の間には少なくともドゥアエヌホル英語版カエムセケム英語版ミンジェドエフ英語版と言う名前の3人の息子と、メレスアンク3世 という娘がいた[1]

カワブは父王クフの治世中に死去した[2]。このため次の王はジェドエフラーとなり、未亡人となったヘテプヘレス2世が彼と結婚した。この事実はジェドエフラーが伝統的な墓所であるギーザではなく、アブ・ラワシュ英語版に埋葬されたことと合わせ、ジェドエフラーがカワブを殺害した証拠として挙げられている。ジェドエフラーのピラミッドは破壊されているが、現在ではこのピラミッドの破壊はローマ時代に行われたと考えられている[1]

カワブはアヌビス司祭(Hts Jnpw)、セルケトの神官(Hm-nTr Srkt)、王の肉体の息子(sA nswt n Ht.f)、最年長の王の肉体の息子(sA nswt n Xt.f smsw)、生まれながらの王子(jry pat)、伯(h3ty' )、上エジプトの十の長官(wr mDw Smaw)、ただ一人愛される者(s mr waty n mrw(t))、宰相英語版TAty:この称号はミート・ラヒーナから出土した像に残されていた)といった称号を帯びていた[3]

編集

カワブはギーザのネクロポリスの一部である東地区英語版にある大きな二連のマスタバ、G7110-G7120に埋葬された。G7110はカワブの妻の物である。彼女の名前はそこの礼拝堂から発見された。G7120はカワブ自身の物である[4]。入口の通路にはカワブが彼の母の前に立っている姿を写したレリーフがあり、以下のようなテキストがある。

sA.s mr.s KA-wab, sAt Ntr.s xrp jmAt sSmt Mrt.jt.s mwt.f mst n Xwfw
彼女の息子、彼女の最愛の人、カワブ(Ka-wab)。彼女の神の娘[訳語疑問点]。彼女はjmAtを務める者。メリティテス(Meritites)。彼の母。クフに彼を運んだ者[3]

4つの埋葬坑がマスタバの一部として建設されていた。埋葬坑G7110Aは実際には一度も使用されなかった。埋葬坑G7110Bは元来カワブの妻ヘテプヘレス2世のための物であった。しかし、それは未完成のままであり、使用された形跡も現在まで見つかっていない。この理由はヘテプヘレス2世がカワブの死後に再婚したためである可能性が最も高いであろう。埋葬抗G7120Aはカワブの埋葬地であった。赤い花崗岩のサルコファガス(石棺)がカワブのために作られており、埋葬抗の中から見つかった。このサルコファガスには次の文章が刻まれていた。

1)王の下賜とアヌビスによる恩寵、聖堂の最高位、偉大なる神の前の墓地へ埋葬、アヌビスの祭司、セルケトの神官、カワブ。
2)王の下賜とアヌビスによる恩寵、聖堂の最高位、西の墓所の墓地へ埋葬、王の肉体の息子、カワブ。
3)最年長の王の肉体の息子、アヌビスの祭司、カワブ[3][訳語疑問点]

死後編集

カワブの死の遥か後、ラムセス2世の王子カエムワセト英語版メンフィス神殿のカワブの像を修復した[5]

ポップカルチャーの中で編集

デビッド・マコーレイの1975年の著作『ピラミッド(Pyrramid)』の映像化作品は、カワブがエジプトとヌビアの国境近くで待ち伏せにあい、殺害されたことを描写している。

出典編集

  1. ^ a b Dodson, Aidan and Hilton, Dyan. The Complete Royal Families of Ancient Egypt. Thames & Hudson. 2004. 0-500-05128-3
  2. ^ Dodson & Hilton, p.59
  3. ^ a b c Simpson, William Kelly. The Mastabas of Kawab, Khafkhufu I and II. Giza Mastabas 3. Boston: Museum of Fine Arts, 1978. pg 1-8, Plate I-X, Retrieved from gizapyramids.org Archived 2008-10-11 at the Wayback Machine.
  4. ^ Porter, Bertha and Moss, Rosalind, Topographical Bibliography of Ancient Egyptian Hieroglyphic Texts, Statues, Reliefs and Paintings Volume III: Memphis, Part I Abu Rawash to Abusir. 2nd edition (revised and augmented by Dr Jaromir Malek, 1974. Retrieved from gizapyramids.org
  5. ^ Kawab