カンナ(美人蕉[1][注 1]: Canna)は、カンナ科カンナ属(Canna)の植物の一群。多様な種類、園芸品種がある。

カンナ属
Canna lily cm.jpg
分類
: 植物 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ショウガ亜綱 Zingiberidae
: ショウガ目 Zingiberales
: カンナ科 Cannaceae
: カンナ属 Canna
学名
Canna L.
下位分類群
  • Canna indica
  • Canna x generalis

春に球根を植えると夏から秋に独特の形をした花を咲かせる。葉は、緑色のものと赤銅色のものがある。球根で殖やすが、暖かい地方では掘りあげる必要が無く、宿根草として扱うことができる。

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 普通、美人蕉(ビジンショウ)はバショウ科多年草ヒメバショウ漢名に当てる[2]

出典編集

  1. ^ 富益良一; 田中万逸 「美人蕉」 『実用園芸全書:蔬菜・果樹・花卉・盆栽』 実業之日本社、1911年、508-509頁。 
  2. ^ 新村出編 「ひめばしょう」 『広辞苑』(第6版) 岩波書店、2008年。