カンボゾーラ

ドイツ産の、白かびチーズの表皮をもつブルーチーズ。

カンボゾーラカンボゾラ (Cambozola) またはブルー・ブリー (Blue Brie) はドイツで生産される、白かびチーズの特徴をもつブルーチーズ[2][3]。名前はカマンベールチーズゴルゴンゾーラの合成語で[3]、これは商標として登録されたものである[4]。『チーズ図鑑』(2009) によれば、チーズの品種としてはブルー・ブリーという名称があげられており、大きいもののみを「カンボゾーラ」としている[2]。大きいものは直径22.5cm、高さ5cmだが、小さいものでは 18cmx5cmのサイズもあり、こちらの重量は1300gほどである[2]

カンボゾーラ
Cambozola
Cambozola.jpg
分類 ブルーチーズ[1][2]
原料 牛乳
原産国 ドイツ
原産地 ドイツ全土
生産場所 酪農工場
生産期間 一年中
形状 円盤状
大きさ 本文参照
重量 2200gほど
脂肪分 60-70%
表皮 白いカビ
熟成 2週間以上
テンプレートを表示

名称がイタリアのゴルゴンゾーラに似ているとして欧州司法裁判所に提訴され、似ているとの認定はなされたものの、販売差し止めなどの対処は行われなかった[4]

表面は白いカビに覆われており、内部は柔らかくアオカビが見られる[3]

生産開始は1970年代で、ブルーチーズではあるが味わいが「マイルド」ということで人気を得、輸出が増えた[2]。白ワインやビールが合うとされる[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り下記文献(本間, 増井 & 山田 2009, p. 202)の項「ブルー・ブリー」による。
  2. ^ a b c d e f 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編 『チーズ図鑑』 182巻(7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、202頁。ISBN 4-16-660182-2 
  3. ^ a b c 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社、2007年、578頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  4. ^ a b 荒木雅也 「欧州司法裁判所におけるパルミジャーノ・レッジャーノ/パルメザン・チーズに関する地理的表示紛争」 『パテント』 日本弁理士会、65-78頁、2013年。ISSN 0287-4954http://ci.nii.ac.jp/naid/40019781833/ 

外部リンク編集