カーティス・ギルド

カーティス・ギルド(Curtis Guild, 1860年2月2日 - 1915年4月6日)は、アメリカ合衆国政治家1906年から1909年まで第43代マサチューセッツ州知事を務めた。

カーティス・ギルド・ジュニア
Curtis Guild Jr.
Curtis Guild Jr.jpg
1905年頃
在ロシアアメリカ合衆国大使
任期
1911年8月17日 – 1913年4月24日
大統領ウィリアム・ハワード・タフト
ウッドロウ・ウィルソン
前任者ウィリアム・ウッドヴィル・ロックヒル
後任者ジョージ・T・マリー英語版
第43代 マサチューセッツ州知事
任期
1906年1月4日 – 1909年1月7日
副知事エベン・サムナー・ドレイパー
前任者ウィリアム・L・ダグラス英語版
後任者エベン・サムナー・ドレイパー英語版
第39代マサチューセッツ州副知事
任期
1903年1月8日 – 1906年1月4日
知事ジョン・L・ベイツ
ウィリアム・L・ダグラス英語版
前任者ジョン・L・ベイツ英語版
後任者エベン・サムナー・ドレイパー英語版
マサチューセッツ州下院議員英語版
任期
1881年
個人情報
生誕 (1860-02-02) 1860年2月2日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ボストン
死没 (1915-04-06) 1915年4月6日(55歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ボストン
政党共和党
署名

生涯編集

青年期編集

カーティス・ギルドは、1860年2月2日マサチューセッツ州ボストンにおいて、報道事業に従事する家庭に生まれた。同名の父親カーティス・ギルドは雑誌『Commercial Bulletin』を刊行し、芸術を愛し、ボストン市民協会の代表を務めていた[1]

公職編集

ギルドはハーバード大学を卒業後、父親の新聞社に就職した[1]。その後、1881年にマサチューセッツ州下院議員に選出された[1]

1891年、ギルドはマサチューセッツ州志願兵に参加し、1898年には准将に昇格した[1]米西戦争の間、ギルドはキューバのハバナで検察官を務めた[1]

州知事への就任編集

1903年、ギルドはジョン・ルイス・ベイツ知事の下でマサチューセッツ州副知事に就任し、続くウィリアム・ルイス・ダグラス知事の下でも州副知事を務めた。そして1905年、ギルドはマサチューセッツ州知事に選出され、1906年から1909年まで知事職を務めた。

暗殺未遂編集

1907年、精神病院から逃亡した患者が短銃を携えてマサチューセッツ州会議事堂に逃げ込んだ。その患者は同州リンから訪問していた労働組合の代表エドワード・コーエンを発見すると、その人物が州知事ギルドであると誤認し、短銃を発砲した[1]

晩年編集

知事退任後、ギルドは共和党の副大統領候補の1人として選出された。だが予備選挙においてギルドは敗退した。ギルドはその後1911年から1913年まで合衆国の駐ロシア特命全権大使を務めた[2]

1915年4月6日、ギルドは死去した。ギルドの遺体は、マサチューセッツ州ボストンのフォレスト・ヒル墓地に埋葬された。

栄誉編集

東ボストンにあるカーティス・ギルド小学校は、州知事としてのギルドにちなんで名づけられたものである。

参考文献編集

  1. ^ a b c d e f Governors of Massachusetts - Curtis Guild, Jr. Retrieved April 18, 2006.
  2. ^ http://www.state.gov/r/pa/ho/po/com/11152.htm
公職
先代:
ジョン・ルイス・ベイツ
マサチューセッツ州副知事
1903年1月8日 - 1906年1月4日
次代:
エベニーザー・サムナー・ドレイパー
先代:
ウィリアム・ルイス・ダグラス
マサチューセッツ州知事
1906年1月4日 - 1909年1月7日
次代:
エベニーザー・サムナー・ドレイパー
先代:
ウィリアム・ウッドヴィル・ロックヒル
在ロシアアメリカ合衆国特命全権大使
1911年8月17日 - 1913年4月24日
次代:
ヘンリー・ピンデル