ガッツポン』は、日本出版社小池書院が編集・発行していた隔月刊漫画雑誌2011年10月8日創刊。

ガッツポン
GUTS PON
ジャンル 青年向けコミック誌
読者対象 男性
刊行頻度 隔月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 648円
出版社 小池書院
刊行期間 2011年10月8日(Vol.1) - 2012年8月10日(Vol.5)
レーベル KING SERIES
ウェブサイト http://www.koike-shoin.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

漫画原作者の小池一夫編集長として自ら立ち上げたもの。作家には小池を中心にその弟子や知己が名を連ねている。

このため多くが小池作品の続編ないしスピンオフであるが[1]、オリジナル作品も掲載されている。

スローガンは「『ガッツ ポン!』は『ガッツ ニッポン!』の鯨波の声である。いまこそ日本人のガッツが求められるとき。いざ!いざ!ガッツ。マンガも『ガッツ ニッポン!』」。

隔月刊の予定であったが、vol.4より発刊が遅れだし(vol.3の3ヶ月後に発刊)、vol.4発刊3ヶ月後に発刊されたvol.5より後の刊行はされていない。

連載作品編集

※は続編ないしスピンオフ。

読切作品編集

  • TOBIMARU (清水喜弘)
  • 紅あざみ (原作・小池一夫、作画・神江里見)
  • 抜いてあげるよ (寝猫)
  • みかんの花咲くころ (中村匡助)
  • 剣犬刃 (桃山明慶)

脚注編集

  1. ^ 『小池一夫のニコニコキャラクター塾!第5講』より。
  2. ^ 当初おおしだとしろうが作画していたが、第三話からはるなに交代。

関連項目編集

外部リンク編集