ガティーヌの森forêt de Gastines)はトゥレーヌ北部とロワール渓谷のヴァンドモワとの間に存在していた森。

11世紀から開拓が始まり、特にトゥールとヴァンドームの小修道院及び修道院の修道僧達により積極的に植樹された。

ボーモン=ラ=ロンスの森(アンドレ=エ=ロワール県北緯47度35分20秒 東経0度41分40秒 / 北緯47.58889度 東経0.69444度 / 47.58889; 0.69444 )そしてガティーヌの森(ロワール=エ・=シェール県のモントワール=シュル=ル=ロワール、北緯47度41分50秒 東経0度43分30秒 / 北緯47.69722度 東経0.72500度 / 47.69722; 0.72500)に森の一部が残されているが、大部分がルネサンス期のヴァンドーム公による大規模な伐採が施行された際に失われ、詩人ピエール・ド・ロンサールはそれを非難している。

抜粋にある、神話変身物語」テッサリアー王トリオプスの王子エリュシクトーンの章に登場する場所でもある。

注意事項と参考文献編集

関連記事編集

参考文献編集

  • Daniel Schweitz :
    • « Une forêt gâtée pour pays : l'identité traditionnelle de la gâtine tourangelle (XIe siècle-XIXe siècle) », Bulletin de la Société archéologique de Touraine, 43, 1993, p. 931-949.
    • « Du pays traditionnel au pays d'accueil : l'identité de la gâtine tourangelle depuis 1850 », Norois, 1994, 163, p. 399-418 lire en ligne.