ガンスミスGunsmith)とは、の製造、改造、分解、メンテナンス等を行う職人、すなわち銃の整備士の事である。

銃器が一般に広く普及している国では、使用者や用途に合わせた調整や改造、装飾などを行う職人が数多く存在する。銃規制の厳しい日本でも、狩猟用や射撃競技用として散弾銃ライフル銃が所持できるので、これに対応するガンスミスがいるが、この場合、銃砲店のスタッフが兼務している事もある。

実銃を扱うガンスミス編集

アメリカでのガンスミス編集

アメリカ合衆国では、国家資格に定められている。

AOWとは、"any other weapon"(その他の銃器)を指し、仕込み銃、ペンガン、ナイフガン等が含まれる。

Class I(Importer of firearms)
海外から銃器を輸入するためのライセンス
Class II(Manufacturer of firearms)
銃器を製造するためのライセンス。機関銃サプレッサーを製造する場合はClass IIIも必要。
Class III(Dealer in firearms)
フルオート火器等を扱うディーラーのライセンスで、マシンガン・ディーラー・ライセンスとも呼ばれる。
ディーラーとなるための資格であり、購入するだけなら、条件が揃えば申請と200USドルの税金のみで可能。
Class IV(Importer only of weapons classified as "AOW" )
AOWを海外から輸入するのに必要なライセンス。
Class V(Manufacturer only of weapons classified as "AOW" )
AOWを製造するのに必要なライセンス。
Class VI(Dealer only in weapons classified as "AOW")
AOWを扱うディーラーのためのライセンス。

その他の国でのガンスミス編集

特に資格として定められておらず、無許可でガンスミスを名乗れる国も存在する。

関連項目編集