メインメニューを開く

ガンダムシュピーゲルは、テレビアニメ機動武闘伝Gガンダム』に登場する架空の兵器。

第13回ガンダムファイトで、シュバルツ・ブルーダーが搭乗するネオドイツ代表モビルファイター (MF)(大会登録番号:GF13-021NG)。英語版では名称がShadow Gundamに変更されている。

目次

機体解説編集

諸元
ガンダムシュピーゲル
GUNDAM SPIEGEL
登録番号 GF13-021NG
所属 ネオドイツ
全高 16.3m
重量 7.3t
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタル・ハイブリッド多層材
武装 シュピーゲルブレード×2
メッサーグランツ
アイアンネット
アビリティレベル 力 : 22.31ポイント
速さ : 24.06ポイント
攻撃力 : 26.62ポイント
守備力 : 24.58ポイント
索敵能力 : 23.02ポイント
適応能力 : 29.16ポイント
TOTAL : 149.75ポイント[注 1]
必殺技 シュツルム・ウント・ドランク
搭乗者 シュバルツ・ブルーダー

ネオドイツの最新技術によって作られた高性能モビルファイター。その機動性はモビルファイターの中でもトップクラスで、シュバルツ・ブルーダーの駆使するゲルマン忍法を忠実にトレースする事を可能としている[3]

第13回大会のために作られた機体であるが、ゲルマン忍術を工業的に再現するためのノウハウは定かではない。開発に携わったスタッフそのものがゲルマン忍術を継承する技術者集団だった可能性も推察されている[4]

武装編集

シュピーゲルブレード
両肘部分に装着された大型の刃物で、ガンダムシュピーゲルの主武装。忍者の日本刀のノウハウが取り入れられており、巨大MS程度の装甲なら簡単に断ち切る切れ味を持ちつつも、人毛を縦に10本に切り分ける事も可能[4]
メッサーグランツ
爆弾が仕込まれたクナイ。刺さると時間差で起爆し、大量に投げつけることで爆発の威力を高めることができる[要出典]
アイアンネット[3] / アイゼンネッツ[4]
両腕に仕込まれたピンク色に輝く鋼鉄製の。相手に被せた状態で電撃を流すこともできる[要出典]
先端部のクサビで攻撃する事も可能[3]

必殺技編集

シュトゥルム・ウント・ドランク
シュピーゲルブレードを左右に展開し、そのまま機体を独楽の様に高速回転させて斬り付ける[3]。自機を高速回転させることでまさに攻防一体の技となり、これを破ることは非常に困難。その威力たるや新生シャッフル同盟の4機を完全に退け、ゴッドガンダムを追い詰めるほどに強力である。
ゴッドガンダムとのデスマッチ時は2度使用され、最後のゴッドフィンガー石破天驚拳との打ち合い時にはあえてブレードを展開せず放たれた。
技名が判明する以前も同様の技をガンダムヘッドを撃破する際や、デビル包囲網突破作戦時に滝を崩す際に使用している。
漫画版での技名はシュトゥルム・エクスプロジオーンになっていたが、後に刊行された版では変更されていた。

劇中の活躍編集

地球に降りて間もないデビルガンダムと遭遇し、一度は倒されている。しかしデビルガンダムに取り込まれかけていたキョウジ・カッシュにより死亡したシュバルツが、キョウジの分身であるアンドロイドとしてよみがえった際、DG細胞によって本機も修復された。以後のシュピーゲルの破損はこれによって修復されるため整備が不要となる。その後デビルガンダムを止めるため、主にギアナ高地におけるドモンの修行に力を貸し、デビル包囲網突破作戦時にはシャッフル同盟の脱出にも協力する。その後マスターガンダムの攻撃からドモンを庇い破損するが、いつの間にかネオホンコンに到着していた。
決勝リーグを負け無しで進み、ゴッドガンダムとの最終戦デスマッチに突入するがドモンの最終奥義に敗れ、リングの爆発に巻き込まれる。再び修復された後はランタオ島へ向かい、デビルガンダムに向けて単機で突撃するも、シュバルツが既に満身創痍であったこととバルカンの弾幕にさらされたため、目前で四散した。シュバルツは脱出して直接デビルガンダムのコックピットに乗り込むことに成功。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 各アビリティの日語訳は、『1/144 ガンダムシュピーゲル』組立説明書、数値は商品パッケージ側面を参照[1]。TOTALを除いた数値は『オールガンダム最新プラモ大図鑑 Wガンダム・Gガンダム・BB戦士』にも掲載が見られる[2]

出典編集

  1. ^ 『1/144 ガンダムシュピーゲル』バンダイ、1994年8月、組立説明書。
  2. ^ 『オールガンダム最新プラモ大図鑑 Wガンダム・Gガンダム・BB戦士』講談社、1995年7月、78-79頁。ISBN 4061032984
  3. ^ a b c d 『電撃データコレクション 機動武闘伝Gガンダム』メディアワークス、2000年5月、98-99頁、ISBN 978-4840215763
  4. ^ a b c 『MG 1/100 ガンダムシュピーゲル』バンダイ、2002年8月、組立説明書。

関連項目編集