マスターガンダム

マスターガンダムは、テレビアニメ機動武闘伝Gガンダム』に登場する架空の兵器。

第13回ガンダムファイト東方不敗マスター・アジアが搭乗するネオホンコン代表モビルファイター (MF)(大会登録番号:GF13-001NHII (注:番号末尾の「II」はローマ数字の2である))。

メカニックデザインカトキハジメが担当。

本項では、マスターガンダムが騎乗するモビルホース(馬型MF)「風雲再起」(ふううんさいき)の解説も行う。

目次

機体解説編集

諸元
マスターガンダム
MASTER GUNDAM
登録番号 GF13-001NHII
所属 ネオホンコン
開発 不明
全高 16.7m
重量 7.2t
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタル・ハイブリッド多層材
DG細胞
武装 マスタークロス
ディスタントクラッシャー
ニアクラッシャー
必殺技 ダークネスフィンガー
ダークネスショット
酔舞・再現江湖デッドリーウェイブ
十二王方牌大車併
超級覇王電影弾
帰山笑紅塵
石破天驚拳 他
搭乗者 東方不敗マスター・アジア

ガンダムファイトでの手続き上は、ネオホンコン代表ガンダムファイター(GF)である東方不敗マスター・アジアクーロンガンダムから乗り換えた機体とされているが、その正体はデビルガンダム軍団に所属するデビルガンダム四天王の指揮官機。機体色は黒を基調としている。

機体はDG細胞で構成されているが、マスター・アジアの強靭な精神力によって完全に制御されているため自己増殖と自己進化は行われず、自己再生のみにその能力が使用されている。

流派東方不敗を駆使し、ノーマルモードとアタックモードの2形態に加え、マスター・アジアが明鏡止水の境地に達した際には、機体が金色に輝く。

一般的にGFはファイティングスーツと呼ばれるナノマシンが織り込まれた素材で作られた専用パイロットスーツを装着するが、マスターは自身の嗜好により、初期のガンダムファイトで使用されていた通常の服にファイティングスーツの機能が組み込まれたものを着用している。初期の技術とはいえ彼の動きが完璧に機体にトレースされており、各国の査察団による検査でもレギュレーション違反の疑いは皆無だった。尚、コミックボンボンで連載されていた漫画版では、マスター・アジアは自身の服装を模したファイティングスーツを着用。

武装編集

小口径ビーム砲
左右の掌底部分に5門ずつ、計10門が内蔵されている。
マスタークロス
ビームで生成された伸縮・硬軟自在の布状の武器。ビームサーベルと同等の切断能力を有するほか、捻って棒状にしたり、相手を絡めとることもできる。モビルトレースシステムによって、コクピット内のマスター・アジアの腰布と連動する。
ニアクラッシャー
肘から先を伸縮させて瞬間的にリーチを伸ばして叩き込む手刀。武装扱いされているが、実際のところは技に位置する。
ディスタントクラッシャー
肘から先を射出して手刀を叩き込む。ビームワイヤーによる有線制御式で、射出後は引き戻して回収・再接続できる。ニアクラッシャー同様に武装より技に位置する。
ウイングシールド
背面に2基装備された防御用装備。マント状に展開して全身を覆った防御主体形態をノーマルモード、ウイングとして背中に折り畳んだ機動力主体形態をアタックモードと呼ぶ。

必殺技編集

流派東方不敗を参照。

デザイン編集

本編準備稿段階の仮名称は、「中堅幹部ガンダム」であった。「黒いボディに2本の特徴的な角」と、今川監督お気に入りの『鉄人28号』に登場したブラックオックスの意匠が組み込まれている。なお、デビルガンダムの一部として繰り出されるガンダムヘッドは、マスターガンダムの頭部から2本角を取り去った状態と共通の意匠をもっている。

バンダイからプラモデル化される際、設計担当者がシールドの変形ギミック(ウイング状態からマント形態へ)に悩んでいた所、カトキハジメが「こうすれば変形できますよ」と描いた図案を元に設計したら難なく変形できたという逸話がある。この事が後にガンプラの「マスターグレード(MG)」シリーズなどのデザインにカトキが起用される一因となっている。

MG(1/100)
新たな画稿は起こされず、アニメ用の設定画をそのまま使用している。
アクション重視の為、シールドは小さく造形されウイング状態のみとなり、変形機構はオミットされた。その代わり、旧1/100シリーズのプラモデルのシールドパーツがそのまま流用できるようになっており、これを利用すればシールドの展開状態(マント形態)を再現出来る。
ダークネスフィンガーの再現パーツが両手分付属するほか、ダークネスフィンガーと爆熱ゴッドフィンガーでの対決シーンを再現するパーツが付属しており、このパーツをMGのマスターガンダム・ゴッドガンダムに装備することで必殺技同士の激突シーンを再現できる。
HGFC(1/144)
初キット化となる風雲再起とのセット品。
シールドは、アクション用と展開状態の2種類が用意されている。展開状態は左側だけシールドが可動し、劇中の左腕をマントから出した状態を再現することができる。また握り拳以外にもダークネスフィンガーと石破天驚拳を再現するパーツがそれぞれ付属している。
風雲再起は背中のパーツを外すとHG用のアクションベースと同じ穴が用意されているため、マスターガンダムだけでなく対応したモビルスーツも騎乗できるが、股部分の形状によっては不可能な場合がある。
アクション用のシールドの角度やポーズによっては自立できなくなるため、補助スタンドが付属している。風雲再起にも補助スタンドが付属しているが、一応4本足で自立することができる。

劇中での活躍編集

第13回ガンダムファイトにおけるサバイバルイレブンの期間中、東京の旧新宿地区で始めて姿を現す。その後はクーロンガンダムに擬態してドモン・カッシュを引き入れるために近づくが、レインに邪魔されて本性を現す。以降は、ドモンを始めとする新生シャッフル同盟の前に強敵として何度も立ちはだる。ギアナ高地でのシャイニングガンダムとの戦いでは、ドモンが明鏡止水を会得したことで敗北を喫する。

決勝大会ではシード選手ゆえに一足先に最終バトルロイヤルに進出して高みの見物とするが、デビルガンダムの暴走で出現したガンダムヘッドを一掃するために出撃することもある。最終バトルロイヤルではゴッドガンダムとガンダムファイト史上に残る激闘を繰り広げる。そして石破天驚拳の壮絶な打ち合いの末、石破天驚ゴッドフィンガーの前に敗れ、破壊される。

コミカライズ『超級!機動武闘伝Gガンダム』では、アニメ本編とは違い、ギアナ高地に登場した際はネオホンコンにいたマスター・アジアの遠隔操作であったとされている。このシステムはマスターガンダムの頭部とそっくりの意匠のヘルメットを被って操作する仕組みで、「実際の格闘よりも疲れる」「システムが不完全で、肝心なときにタイムラグが出る」可能性をネオホンコン首相のウォン・ユンファが指摘しており、それによって不覚を取ったとされた。

マスターガンダム(レプリカ)編集

ゲーム『スーパーロボット大戦R』に登場。

ゲーム中、『Gガンダム』は原作終了後の扱いでデビルガンダム事件は解決し(とある事情でデビルガンダムそのものは復活登場するが)、マスターも死亡したことになっているため、オリジナルのマスターガンダムは存在しない。そのため、完全復活した東方不敗の搭乗機としてレインが新たに用意した機体が本機である。

武装や外観はオリジナルのマスターガンダムとほぼ同じものが再現され、マスターの気力が高まると機体が金色に光り輝く能力も再現されている。しかしDG細胞で構築された機体ではないため自己修復能力を持たず、性能もオリジナルに比べ劣っているとレインは語るが、マスターは自身の腕で性能低下をカバーしてみせると一蹴。オリジナル機に引けを取らない戦闘能力を発揮する。

風雲再起編集

マスターガンダムをサポートするモビルファイター。馬型であることからモビルホースとも呼ばれている。

本機は第12回ガンダムファイト優勝賞品として、マスター・アジアに与えられたものであり、パイロットは彼の愛馬である風雲再起自身。なお、海外放送版では単に「モビルホース」と呼ばれている。

台座形態への変形が可能であり、背中にMF1機を乗せての大気圏飛行・成層圏離脱も可能。武器は持たないが、ユニコーンのような角を持ち、手綱はビーム式。

ネオホンコンに向かう途中のゴッドガンダムをマスター以外の四天王機と共に襲撃した際に初登場。ガンダムファイトでは姿を見せなかったが、ガンダムヘッドとの戦闘では、マスターをサポートしながら交戦した。

マスター・アジアの死後、風雲再起がドモン・カッシュの愛馬となったことで、機体のほうの風雲再起もドモンの愛機のゴッドのサポートを行うようになる。ウォルターガンダムを文字通り一蹴した後、ゴッドと共にネオジャパンコロニーに向かう。デビルコロニー戦では、デビルコロニーに捕らえられたことで、内部には同行できなかったが、戦い終えた後、ゴッドを乗せて、凱旋した。

本編以外では、『∀ガンダム』の終盤にて封印から解かれた冬の宮殿の黒歴史のデータベースの中に、本機とネーデルガンダムの設計図が一瞬登場する。また、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』にてロウ・ギュールが持っていた湯呑みに「風雲再起」の文字が書かれている。

関連項目編集