キャサリン大帝』(キャサリンたいてい、Great Catherine)は、1968年イギリス映画

キャサリン大帝
Great Catherine
監督 ゴードン・フレミング
脚本 ヒュー・レナード
原作 ジョージ・バーナード・ショー
製作 ジュールズ・バッグ
出演者 ピーター・オトゥール
ジャンヌ・モロー
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 オズワルド・モリス
編集 アン・V・コーツ
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 イギリスの旗 1968年12月6日
日本の旗 1968年12月25日
上映時間 98分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ロシアの女帝エカチェリーナ2世(キャサリンは英語名)を皮肉に描いたジョージ・バーナード・ショーによる戯曲を脚色し、映画化した作品[1][2]。出演はピーター・オトゥールジャンヌ・モローなど。製作費は日本円に換算して72億円になった[3]

ストーリー編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1974年10月21日『月曜ロードショー』)

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ キャサリン大帝 - 映画.com
  2. ^ キャサリン大帝 - allcinema
  3. ^ 公開時のパンレットより。

外部リンク編集