月曜ロードショー

月曜ロードショー』(げつようロードショー)は、1969年10月6日から1987年9月21日までTBS系列局で放送されていたTBS製作の映画番組である。放送時間は毎週月曜 21:00 - 22:54 (日本標準時)。

月曜ロードショー
ジャンル 映画番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
プロデューサー 熊谷国雄
安田孝夫
上田正人
出演者 解説者:荻昌弘(1988年5月31日まで)
音声 二ヶ国語放送(邦画を除く。1978年11月20日から)
土曜ロードショー
放送時間 土曜 22:05 - 23:50(105分)
放送期間 1966年7月2日 - 1969年3月29日
金曜ロードショー
放送時間 金曜 19:30 - 21:30(120分)
放送期間 1969年4月4日 - 1969年9月26日
月曜ロードショー
放送時間 月曜 21:00 - 22:54(114分)
放送期間 1969年10月6日 - 1987年9月21日
ザ・ロードショー
放送時間 火曜 20:00 - 21:54(114分)
放送期間 1987年10月6日 - 1988年9月27日
火曜ロードショー
放送時間 火曜 20:00 - 21:54(114分)
放送期間 1988年10月18日 - 1989年3月14日
火曜ビッグシアター
放送時間 火曜 20:00 - 21:54(114分)
放送期間 1989年4月4日 - 1989年9月19日
テンプレートを表示

本項では、その前身に当たる『土曜ロードショー』と『TBS版の金曜ロードショー』及び、その後身に当たる『ザ・ロードショー』と『火曜ロードショー』と『火曜ビッグシアター』についてもこの項で述べる。

目次

概要編集

前身は、1966年7月2日から1969年3月29日まで放送されていた『土曜ロードショー』(土曜 22:05 - 23:50)と1969年4月4日から同年9月26日まで放送されていた『金曜ロードショー』(金曜 19:30 - 21:30、日本テレビ系列の『金曜ロードショー』とは無関係)である。

海外の映画作品を中心に取り扱っており、その吹き替え作品を主に東北新社(テレビプロダクション、本社は東京都)との提携で制作を行っていた。また、映画評論家の荻昌弘が視聴者に語りかける雰囲気で解説を担当していた。

月曜時代の放送枠は、当初は21:00 - 22:56だったが、1972年10月に22:56 - 23:00枠の『お天気メモ』が1分拡大したため、終了時刻を22:55に変更(1分縮小)、そして1975年10月より21:00 - 21:02枠に『明日のお天気』が設置されたため、開始時刻を21:02に変更(さらに2分縮小)、さらに1982年10月より『お天気メモ』が22:54 - 23:00の『TBSニュース』に変更されたため、終了時刻が22:54に変更(さらに1分縮小)、以後1987年9月まで21:02 - 22:54の体制だった。

同タイトルでの放送終了後、この枠では22時から報道枠がスタートすることを受けて火曜 20:00 - 21:54 へ移動し、1987年10月6日から1988年9月27日まで『ザ・ロードショー』と題して放送されていた。その後、同年10月11日から1989年3月14日までは『火曜ロードショー』と、同年4月4日から同年9月19日までは『火曜ビッグシアター』と題して月に一度2時間ドラマも放送するようになった(稀にナイターシーズンでは野球中継、改編期には『クイズまるごと大集合』などの特番で休止が多々あった)。なお、体調を崩した荻は休養のため、1988年5月31日放送分をもって番組を一時降板していたが、2か月後の7月に死去したため、その後は解説者なしの状態が続いていた。その後、1988年10月18日から1989年1月10日放送分までは小堺一機が務めていた。

番組はその後、報道枠が23時からに復帰するなどの編成変更により、1989年10月4日に水曜 21:00 - 22:54 へ移動。以後は1993年9月29日まで『水曜ロードショー』(それ以前に放送された日本テレビ系列の『水曜ロードショー』とは無関係)と題して放送されていた。

変遷編集

期間 タイトル 放送時間(JST
1966.07.02 1969.03.29 土曜ロードショー 土曜 22:05 - 23:50(105分)
1969.04.04 1969.09.26 金曜ロードショー 金曜 19:30 - 21:30(120分)
1969.10.06 1972.09 月曜ロードショー 月曜 21:00 - 22:56(116分)
1972.10 1975.09 月曜 21:00 - 22:55(115分)
1975.10 1982.09 月曜 21:02 - 22:55(113分)
1982.10 1987.09.21 月曜 21:02 - 22:54(112分)
1987.10.06 1988.09.27 ザ・ロードショー 火曜 20:00 - 21:54(114分)
1988.10.18 1989.03.14 火曜ロードショー
1989.04.04 1989.09.19 火曜ビッグシアター

オープニング(月曜ロードショーに限る)編集

  1. 21:00の時報と同時にパープルブルーバックで冒頭からBGMが流れ、「月曜ロードショー」(黄色を黒で囲む)のロゴが流れる。
  2. 5秒後青と緑のコラージュから映画のワンシーンが湾曲する形(白い楕円形の球体の表面)で流される(007シリーズレーサーポール・ニューマン)→アラン・ドロン→【不明】→ジョン・ウェイン俺たちに明日はない→【不明】→パリのめぐり逢い→荒野の七人)。BGMはブロードウェイ版『ピーター・パン』1954年上演版の序曲(エルマー・バーンスタイン作曲)。
  3. 25秒後コラージュの色が黄色に変わってまもなく「月曜ロードショー」のタイトルがフェイド・イン(白のみで囲み無し)。
  4. 5秒後コラージュの色が青と紫に変わる瞬間に消滅し、提供スポンサーテロップが挿入されて終了する。

1980年代後半に2部分離してからは、前期は上記の体制だったが、スポンサーテロップ挿入後は、当日放送される映画のタイトルカードを表示していた。後期ではすべてブルーバックで、「月曜ロードショー」(白文字)のロゴ(背景画が水色。最末期は青・水色・紺・紫・青緑で塗り分けられた縞模様のバック)→提供スポンサーテロップ→CM(60秒)→当日放送される映画のタイトルカードへと続いていた。

エンディング(月曜ロードショーに限る)編集

  1. 解説→吹き替え声優→日本語版製作スタッフがクレジットされたイラストバックが放送されていた(もちろん放送日の映画が題材)[1][2]
  2. 30秒後提供スポンサーテロップが20秒ぐらい(スポンサーが分離してからは15秒)流れる。
  3. パープルブルーバックに「月曜ロードショー」(オープニングと同じだがやや小さめ)「TBS 終」(白の囲み無し)が表示されて終了。「終」の隣にあるTBSのロゴは筆記体ロゴである。BGMはレイ・アンソニー・オーケストラの "The Party's Over" であった。

1980年代後半に2部分離してからはブルーバックで「月曜ロードショー 終」(白文字。背景画は水色だったが、最末期は前述の縞模様)が表示されて終了。1986年4月以降は、このカットの表示と同時にTBS共通のクロスプログラムのチャイムが鳴り、『JNNニュースデスク』(のちに『ネットワーク JNN』)の予告に接続していた。

プロデューサー編集

  • 熊谷国雄(TBS)
  • 安田孝夫(TBS)
  • 上田正人(TBS)

予告ナレーション編集

タレント吹替え編集

月曜ロードショー時代の常連映画編集

邦画編集

洋画編集

同番組吹替えDVD作品編集

ネット局編集

系列は当時の系列。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 現・TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ 1969年12月の開局時から
岩手県 岩手放送 現・IBC岩手放送
宮城県 東北放送
福島県 テレビユー福島[3] 1983年11月28日のサービス放送開始時から
山梨県 テレビ山梨 1970年4月の開局時から
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送 1980年10月から
静岡県 静岡放送 1970年から[4]
石川県 北陸放送 1978年10月から
中京広域圏 中部日本放送 現・CBCテレビ
近畿広域圏 朝日放送 1975年3月24日まで
毎日放送 1975年3月31日から(腸捻転解消による移行)
島根県
→島根県・鳥取県
山陰放送 1972年9月18日までの免許エリアは島根県のみ
1972年9月25日から相互乗り入れに伴い鳥取県も追加エリアとなる
岡山県
岡山県・香川県
山陽放送 1983年3月までの免許エリアは岡山県のみ
1983年4月から相互乗り入れに伴い香川県も追加エリアとなる
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 1987年10月のFNS脱退後から[5]
高知県 テレビ高知 1970年4月の開局時から
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送 1982年10月から[6]
沖縄県 琉球放送

なお、TBS系列局外でフジテレビ系列秋田テレビ福井テレビでは『サンデーロードショー』と題し、遅れネットで放送されていた。

脚注編集

  1. ^ 「日本語版製作 ○○○○(その回の製作会社)」の下に「制作(のちに制作著作) TBS」のテロップ表示は無かった。3番目の終の隣にTBSのロゴを付けていたためである。当時の『ナショナル劇場』でも同様の措置が取られていた。ただし、2部分離後には「終」の表記にロゴが無くなったこともあり、最末期には「日本語版製作」のクレジットが製作会社とTBSの連名表記となった。
  2. ^ 邦画を放送した場合は解説のワンカットのみ。
  3. ^ 1983年3月までTBS系列とフジテレビ系列のクロスネット局だった福島テレビでは、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ製作)を同時ネットしていたために未放送だった。
  4. ^ 1969年10月当時、21時台にTBSの『孤独のメス』を、22時台に東京12チャンネルの『プレイガール』を遅れネットしていた。
  5. ^ 1987年9月までは、『夜のヒットスタジオ』などのフジテレビ系列番組を同時ネットしていたために未放送だったが、火曜20:00枠に移動してからは本枠のネットを新たに開始して同時ネットで放送されるようになった。
  6. ^ 1982年9月まではテレビ朝日火曜21時枠時代劇を6日遅れで放送していたが、同年10月に鹿児島放送の開局によって民教協制作分を除いたテレビ朝日の番組が姿を消したことに伴い、新たにネットを開始。
TBS系列 土曜22:05枠
前番組 番組名 次番組
土曜日の虎
※22:00 - 22:56
ミニ番組
※22:56 - 23:00
TBSニュース(土曜)
※23:00 - 23:15
ミステリーゾーン
※23:15 - 23:45
洋画枠
※23:45 -
土曜ロードショー
(1966年7月2日 - 1969年3月29日)
悪一代
(1969年4月5日 - 1969年6月28日)
※22:05 - 23:00
特捜ズームイン
※23:00 - 23:30
JNNニュース(土曜)
※23:30 - 23:45
スターハイライト
※23:45 -
TBS系列 金曜19:30枠
ミニミニ・バンバン
(1968年10月4日 - 1969年3月28日)
※19:30 - 20:00
娘ざかり
(1969年2月7日 - 1969年3月14日)
※20:00 - 21:00
娘すし屋繁盛記
(1969年1月24日 - 1969年3月38日)
※21:00 - 21:30
木曜21:30枠へ移動】
金曜ロードショー
(1969年4月4日 - 1969年9月26日)
金曜邦画劇場(TBS版)
(1969年10月3日 - 1970年3月27日)
※19:30 - 20:56
JNNフラッシュニュース(金曜)
※20:56 - 21:00
ふうふう夫婦
(1969年10月3日 - 1969年12月26日)
※21:00 - 21:30
TBS系列 月曜21:00枠
黒澤明シリーズ
(1969年8月18日 - 1969年9月29日)
※21:00 - 21:56
月曜ロードショー
(1969年10月6日 - 1975年9月)
【1975年10月廃枠】
各局ローカル編成のミニ番組
(TBSでは『明日のお天気』)
TBS系列 月曜21:02枠
黒澤明シリーズ
(1969年8月18日 - 1969年9月29日)
※21:00 - 22:56
月曜ロードショー
(1969年10月6日 - 1987年9月21日)
橋田壽賀子ドラマ おんなは一生懸命
(1987年10月5日 - 1988年3月28日)
21:00 - 21:54
あすの天気(月曜)
※21:54 - 22:00
JNNニュース22プライムタイム(月曜)
(1987年10月5日 - 1988年9月26日)
※22:00 - 22:56
TBS系列 月曜22:54枠
黒澤明シリーズ
(1969年8月18日 - 1969年9月29日)
※21:00 - 22:56
月曜ロードショー
(1969年10月6日 - 1982年9月)
【1982年10月廃枠】
TBSニュース(月曜)
※22:54 - 23:00
TBS系列 月曜22:55枠
黒澤明シリーズ
(1969年8月18日 - 1969年9月29日)
※21:00 - 22:56
月曜ロードショー
(1969年10月6日 - 1972年9月)
【1972年10月廃枠】
各局ローカル編成のミニ番組
(TBSでは『お天気メモ』)
【1分拡大】
TBS系列 火曜20:00枠
ぼくの姉キはパイロット!
(1987年8月18日 - 1987年9月22日)
※20:00 - 20:54
JNNフラッシュニュース(火曜)
※20:54 - 21:00
恋に恋して恋きぶん
(1987年7月14日 - 1987年9月22日)
※21:00 - 21:54
ザ・ロードショー
(1987年10月6日 - 1988年9月27日)

火曜ロードショー
(1988年10月18日 - 1989年3月14日)

火曜ビッグシアター
(1989年4月4日 - 1989年9月19日)
時間ですよ平成元年
(1989年10月10日 - 1989年12月26日)
※20:00 - 20:54
JNNフラッシュニュース(火曜)
※20:54 - 21:00
ギミア・ぶれいく
(1989年10月10日 - 1992年9月29日)
※21:00 - 22:54