メインメニューを開く
サンジェイ・ダットによるキャメルクラッチ。

キャメルクラッチCamel Clutch)は、プロレス技の一種である。日本名は駱駝固め(らくだがため)、馬乗り固め(うまのりがため)。メキシコではカバージョと呼ばれている[1]

概要編集

うつ伏せになった相手の背中に乗り、首から顎を掴んで相手の体を海老反り状に引き上げて、背骨や首にダメージを与える。相手の両肩を自分の両膝にフックすることで、相手の両腕の自由を奪って仕掛ける場合もある。技を仕掛けている様子がラクダに乗って手綱を引いている様に見えることが技名の由来である。

ザ・シークをはじめ、グレート・メフィストシーク・アドナン・アル=ケイシースカンドル・アクバアイアン・シークモハメド・ハッサンなど、ヒトコブラクダの原産地である中東ギミックのレスラーが得意技としていた。1983年12月26日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで行われたWWFヘビー級選手権試合において、この技でアイアン・シークはボブ・バックランドからTKO勝ちを収めてWWF王者となった[2]

カウボーイのギミックで活躍したネルソン・ロイヤルは、ラクダを馬に見立て「テキサス・ブロンコ・バックブリーカー」の名称で使用[1]。パワーファイター系のレスラーでは、スーパースター・ビリー・グラハムは「スーパースター・リクライナー」、グラハムの影響下にあったスコット・スタイナーは「スタイナー・リクライナー」と称して使っていた。ルチャリブレにおける「カバージョ」の考案者は、ゴリー・スペシャルの考案者でもあるゴリー・ゲレロエル・サントもメキシコでの使い手であり、息子のエル・イホ・デル・サントにも受け継がれている。

ジュニアヘビー級選手のタッグマッチでは、キャメルクラッチを仕掛けたパートナーへの援護として、技を仕掛けられている相手の顔面に低空ドロップキックを放つ動きがよく見られる。

漫画作品においては、『キン肉マン』『闘将!!拉麵男』に登場するラーメンマンの得意技として描かれており、「機矢滅留・苦落血」という当て字がなされていた。

主な使用者編集

派生技編集

前転式キャメルクラッチ編集

ローリング・キャメルクラッチとも呼ばれる。三沢光晴のオリジナル技。前転してうつ伏せの相手の上に馬乗りになりキャメルクラッチに移行する。

クロス式キャメルクラッチ編集

柴田勝頼が若手時代に使用していたオリジナル技。相手の両脚をデスロック状に固めて極めるキャメルクラッチ。

極楽固め編集

 
新崎人生による極楽固め。

新崎人生のオリジナル技。相手の両手首を攫み、両腕を相手の首元で交差させて極めるキャメルクラッチ。

涅槃編集

ミスター雁之助が新崎人生との抗争時に極楽固めに対抗して開発したオリジナル技。尻餅をついた相手をフルネルソンの体勢に捕えて、そのままうつ伏せの体勢に反転させて上体を起こして両手で菩薩の手の形を作って極めるキャメルクラッチ。

ドラゴンクラッチ編集

ロウ・キーのオリジナル技。ドラゴンスリーパーの形で首を極めるキャメルクラッチ。

トゥインクルスターロック編集

 
つくしによるトゥインクルスターロック。

つくしのオリジナル技。腕ではなく足を使って極めるキャメルクラッチ。

レッドインク編集

オカダ・カズチカのオリジナル技。相手の両足をクロスさせてから極めるキャメルクラッチ。

9469編集

読みは「クシロック」。KUSHIDAのオリジナル技。浮固の要領で相手の背中に膝を押し当ててから極めるキャメルクラッチ。

凶器使用型編集

FMW全盛期に主にユニット「猛毒隊」のメンバーが使用。通常のキャメルクラッチに入る前にセコンドが凶器を手渡して、それを手に持ったままキャメルクラッチを決めて凶器を相手の額に押し付ける。もちろん、反則のため5カウントの対象となるがカウント4の手前でブレイクすることにより、延々と続けることができる。

脚注編集

  1. ^ a b ネルソン・ロイヤルのテキサス・ブロンコ・バックブリーカー”. ミック博士の昭和プロレス研究室. 2017年3月27日閲覧。
  2. ^ WWE Yearly Results 1983”. The History of WWE. 2018年9月3日閲覧。