メインメニューを開く

羽交い締め(はがいじめ)[1]は、拘束術、逮捕術の一種である。レスリングなどの格闘技の技術、関節技としても応用されており、その場合はネルソン・ホールドNelson Hold)、双羽固め(ふたはがため)とも呼ばれる。

概要編集

相手の背後より、相手の両腋の下から自らの両腕を通して、相手の後頭部あたりでその両手を組んで固める。その状態で両腕で強く締め付けることにより、相手に身動きが取れないようにする。「羽交い」とは、鳥類の左右の翼が交わる部分、もしくは羽根自体のことで、羽交い締めの名称はそれに由来する[2]

また、羽交い締めを仕掛ける行為自体が「羽交い締めにする」という動詞となっている[3]

主に暴れている人間を制止するために使用されて代表的な使用例としては、凶悪犯の逮捕喧嘩の仲裁などである。その他に強姦暴行を目的とする犯罪者が、対象とする相手の動きを封じるために使用される事もある。

レスリングをはじめとする格闘技では、羽交い締めの状態から相手の頭部を圧迫する応用技がある(後述)。

ネルソン・ホールド編集

ネルソン・ホールドNelson Hold)は、格闘技における技術の一つあるいは、その派生を含む総称である。双羽固め(ふたはがため)とも呼ばれる[4]レスリングプロレス総合格闘技において使用される[5]

概要編集

羽交い締めをレスリングに応用した技で、急所を狙う首攻めの一種である。分類上、関節技締め技の範疇となる。

拘束術としての羽交い締めは、相手を動けなくすること、取り押さえることが目的であるのに対し、ネルソン・ホールドは相手を攻撃する、ダメージを与えるのが主目的である(プロレスなどでは拘束を目的とする場合もある)点が異なる。

なお、ネルソン・ホールドのことを「羽交い締め」とも呼ぶ事も多いが、本来は異なる。

技の名称はイギリス海軍提督ホレーショ・ネルソンにあやかって名付けられたとされている。

掛け方により様々な種類が存在している。以下、種類ごとに記述する。

種類編集

フルネルソン編集

 
マーティン・バーンズによるフルネルソン。
 
クリス・マスターズによるマスターロック(フルネルソン)。
掛け方編集

羽交い締めを首攻めとしてレスリングに応用した技で元来は、この技をネルソン・ホールドあるいは双羽固めと呼んでいた。後にフルネルソンの変型技が数種(後述)生まれて混同を避けるためネルソン・ホールドはフルネルソンと、その派生を含む総称として使用されることが多くなった[4][6]

相手の後方から相手の両腋の下から自分の両腕を差し入れて、相手の後頭部あたりで自分の両手を組み合わせて羽交い締めの状態として、そこから首の後ろで組んだ両手で相手の頭部を押し曲げて圧迫して攻撃する。レスリングでは、真後ろから攻めると反則となる[4]

見た目が羽交い締めと同様であるため、フルネルソンのことを羽交い締めと呼ぶことも多い。また、派生技と混同を避けるため、両羽交い締めとも呼ぶことがある。他にダブルネルソンとも呼ばれる[4]

プロレスにおいては、主にウエイトリフティングボディビルディング出身の選手がパワーをアピールするために使う。戦前からフィニッシュ・ホールドとして使われており、近年ではクリス・マスターズマスターロックの名称で使用。他にはジャイアント馬場前座時代に得意技としていた。

なお、首関節技なので危険なため、アマチュア格闘技では禁止されることがある。

フルネルソンの体勢から移行する技編集
フルネルソン・スープレックス(ドラゴン・スープレックス)
スタンド状態からフルネルソンの体勢に相手を捕らえて、そのまま後方にブリッジし反り投げる。主な使用者は藤波辰爾棚橋弘至
スイング・フルネルソン(スピニング・フルネルソン)
フルネルソンからジャイアントスイングの要領で振り回す。主な使用者はケン・パテラボブ・アームストロング宮本和志[7]
フルネルソン・バスター(フルネルソン・スラム)
フルネルソンを決めたまま相手の体をほぼキャンバスと水平状態に振り上げて叩きつける。主な使用者はローラン・ボックパトリオットボビー・ダンカン・ジュニア
胴締めフルネルソン
フルネルソンからグラウンドに移行して脚で相手の胴も締め上げる。
フルネルソン・ボム
フルネルソンの体勢から開脚して相手をパワーボムの要領でマットへ叩きつける。主な使用者は大森隆男ババ・レイ・ダッドリー

ハーフネルソン編集

 
ハーフネルソン
掛け方編集

フルネルソンの変型で、相手の後方から片腕のみを羽交い締めの形にした上で、相手の頭部を押し曲げ圧迫する。[4][8]アマチュアレスリングではそのまま頭に置いた手を支点にし、てこの原理を使い相手の体をひっくり返してピンフォールやより有利な体勢への移行を狙う[8]

片羽固め(かたはがため)、片羽交い締め(かたはがいじめ)とも呼ばれる。

もう片方の手で相手の頭を押さえつけるパワー・ハーフネルソン (Power Half Nelson)、相手の反対側の脇から片腕を差し入れるファーザー・ハーフネルソン(Further Half Nnelson) という変形技もある。

ハーフネルソンの体勢から移行する技編集
ハーフネルソン・スープレックス
スタンド状態からハーフネルソンの体勢に相手を捕らえて、そのまま後方にブリッジし反り投げる。主な使用者は小橋建太
カリフォルニア・ロール
マイケル・モデストのオリジナル技。ハーフネルソンの体勢から、もう片方の腕で相手の股間あたりを掴んで、相手を頭上高く持ち上げる。そのまま自らの両肩の上に相手を横向きに乗せると同時に、自分の体を反転させながらマットへ背中から倒れることにより相手をマットに叩きつけて、そのまま片エビ固めでピンフォールする。主な使用者はリッキー・マルビン
片羽絞
柔道絞技でハーフネルソンから裸絞もしくは、送襟絞で頸部を絞める。

クォーターネルソン編集

 
クォーターネルソン

フルネルソンの変型で、相手の後方から片腕を相手の首にあてて、もう一方の腕を相手の腋の下に通してから首を押さえた腕を掴み、相手の頭部を押し曲げたりして圧迫して攻撃する[4]

レスリングでは、相手の頭にプレッシャーを掛けることによってピンフォールやより有利な体勢への移行を狙う。グラウンドポジションでのみ使用される。

四分の一ネルソン(しぶんのいちネルソン)、四分の一羽固め(しぶんのいちはがため)とも呼ばれる[4]

スリークォーターネルソン編集

 
スリークォーターネルソン

ハーフネルソンと同様に背後から相手の脇に片腕を差し入れて、もう片方の手を相手の背中側から回して相手の首の後ろでクラッチする。レスリングでは相手の頭にプレッシャーを掛けることによってピンフォールやより、有利な体勢への移行を狙う。グラウンドポジションでのみ使用される。

リバース・フルネルソン編集

 
トリプルHによるリバース・フルネルソン・ホールド。
掛け方編集

逆さ羽交い締め(さかさはがいじめ)、ダブルアームリバース・チキンウィングとも呼ばれる。相手と向かい合った状態で前屈みになった相手の両腕を相手の背中の上でクラッチして絞め上げる。ダブルアーム・スープレックスなどこの体勢から移行する技も数多く存在する。大相撲ではこの体勢は五輪砕きと呼ばれ、頚椎を損傷する危険性があるため、かつては、この体勢になった時点で技を掛けた側の勝ちとなっていた。

なお、正確には、この技はフルネルソンの派生技ではなく、羽根折り固めの一種である。リバース・フルネルソンという名称も通称である。[7]

リバース・フルネルソンの派生技編集
ダブルアーム・スープレックス
ビル・ロビンソンのオリジナル技。相手の両腕をリバース・フルネルソンに固めて相手を持ち上げながら後方へ反り投げる。主な使用者は鈴木秀樹
タイガー・ドライバー
三沢光晴のオリジナル技。リバース・フルネルソンの体勢から相手を持ち上げて反転させて同時に腕のロックを離して腰を抱える。そのままパワーボムのように背面からマットへ叩きつけてピンフォールする。
ペディグリー
トリプルHのオリジナル技。リバース・フルネルソンの体勢から相手の頭部を自分の両膝に挟んで固定して、やや後方にジャンプして膝で着地、相手の顔をマットに叩きつける。
ダブルアームDDT
リバース・フルネルソンの状態から後方へ倒れ込み、相手の頭部をマットへ叩きつける。
ダブルアーム・パイルドライバー(チキンウィング・パイルドライバー)
リバース・フルネルソンの状態から相手の頭部をまたに挟んで持ち上げて逆さまにする。その状態のままマットへ尻餅をつくように座り込むと同時に相手の脳天をマットへ叩きつける。
リバース・ネルソン・デスロック
三沢光晴のオリジナル技。リバース・インディアン・デスロックをかけた状態で相手の状態を起こしてリバース・フルネルソンを仕掛ける。
羽根折り固め
バタフライロックとも呼ばれる。蝶野正洋のオリジナル技。尻餅をついた相手の首の後ろに左腕を回して脇で抱え込み、相手の背中に右腕を回しながら両手をクラッチして両肩と首にダメージを与える。主な使用者はYOSHI-HASHI
ストーム・ブレイカー
ウィル・オスプレイのオリジナル技。リバース・フルネルソンの体勢から、カナディアン・バックブリーカーの要領で持ち上げて、片手のクラッチを解き、相手の身体を横1回転させて放つ変形のネックブリーカー

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 羽交い絞め」などとも表記される。ただし、「絞」は喉を絞める意味なので誤用である(三省堂『大辞林』2006年)
  2. ^ 『新明解 国語辞典 第6版』三省堂
  3. ^ 『類語大辞典 大活字版』講談社
  4. ^ a b c d e f g 『大きな活字のコンサイスカタカナ語辞典 第3版』三省堂
  5. ^ Burns, Martin"Lessons in Wrestling & Physical Culture" - 1912.
  6. ^ 『用例で分かるカタカナ新語辞典 改訂 第2版』学習研究社
  7. ^ a b 『プロレス技MOOK』日本スポーツ出版社(2004年)
  8. ^ a b TOP MOVE:HALF-NELSON AND REVERSE HALF-NELSON

関連項目編集