キラニン男爵: Baron Killanin, of Galway in the County of Galway)は、イギリス男爵位。連合王国貴族1900年6月15日に法律家・政治家のモリス男爵マイケル・モリスが叙位されたことに始まる[1]

キラニン男爵
Killanin Achievement.png

紋章記述

Arms:Ermine a Fess indented Sable in base a Lion rampant of the last armed and langued Gules Crest:On a Fasces fesswise proper a Lion's Head erased Argent guttée de sang Supporters:On either side a Lion Gules gorged with a Chain Or pendent therefrom an Escutcheon Ermine charged with a Sword erect proper pommelled and hilted gold and standing on a Fasces also proper
創設時期 1900年6月15日
創設者 ヴィクトリア
貴族 連合王国貴族
初代 初代男爵マイケル・モリス英語版
現所有者 4代男爵レドモンド・モリス英語版
相続人 ルーク・モリス
付随称号 (スピッドールの)準男爵
現況 存続
紋章標語 Si Deus Nobiscum Quis Contra Nos
(If God is with us, who can be against us?)

歴史編集

 
初代キラニン男爵マイケル・モリス

法曹家マイケル・モリス英語版(1826-1901)は、1887年から1889年までアイルランド高等法院主席判事英語版を、1889年から1900年まで常任上訴貴族法服貴族)を務めた人物である[2][3]。彼は1885年9月14日に連合王国準男爵位の「(ゴールウェイ県スピッドールの)準男爵(Baronet, of Spiddal, in the County of Galway)」を授けられた[2][3][4]。彼はさらに常任上訴貴族への任命に伴って、1876年上訴管轄権法に基づく一代貴族として「ゴールウェイ県スピッドールのモリス男爵(Baron Morris, of Spiddal in the County of Galway)」に叙された[2][3][5]。また、キラニンは公職引退に際して、1900年に連合王国貴族の「ゴールウェイ県におけるゴールウェイのキラニン男爵(Baron Killanin, of Galway in the County of Galway)」を与えられたが、これがキラニン男爵家の嚆矢となった[2][3][6]1901年に初代男爵が死去するとモリス男爵位は廃絶したが、残る爵位を長男マーティンが相続した[2][3]

2代男爵マーティン(1867-1927)ゴールウェイバラ選挙区英語版選出の保守党所属庶民院議員を務めた人物である[3][7]。彼は襲爵によって貴族院に移り、後に最後のゴールウェイ県統監英語版となっている。マーティンは生涯未婚であったため、爵位はその甥のマイケルが継承した[2]

3代男爵マイケル(1914-1999)アイルランドオリンピック委員会英語版会長やアイルランド代表国際オリンピック委員会委員を経て、1972年から1980年まで国際オリンピック委員会会長を務めた[8]。彼ののちはその息子レドモンドが爵位を襲った[2]

4代男爵レドモンド(1947-)は映画プロデューサーとして活動しており、彼がキラニン男爵家現当主である[9]

爵位と一族にかかるモットーは、『神とともに在るならば、誰が我らに反対しようか(Si Deus Nobiscum Quis Contra Nos)[2][3]

現当主の保有爵位 / 準男爵位編集

現当主である第4代キラニン男爵レッド・モリス英語版は以下の爵位及び準男爵位を有する[2]

  • 第4代ゴールウェイ県におけるゴールウェイのキラニン男爵(4th Baron Killanin, of Galway in the County of Galway)
    (1900年6月15日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第4代(ゴールウェイ県スピッドールの)準男爵(4th Baronet, of Spiddal, in the County of Galway)
    (1885年9月14日の勅許状による連合王国準男爵位)

キラニン男爵 (1900年)編集

脚注編集

  1. ^ "No. 27202". The London Gazette (英語). 15 June 1900. p. 3751.
  2. ^ a b c d e f g h i Killanin, Baron (UK, 1900)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年6月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Arthur G.M. Hesilrige (1921). Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. p. 516. http://archive.org/details/debrettspeeraget00unse/page/516 
  4. ^ "No. 25511". The London Gazette (英語). 15 September 1885. p. 4334. 2020年5月30日閲覧
  5. ^ "No. 25999". The London Gazette (英語). 6 December 1889. p. 7014. 2020年6月21日閲覧
  6. ^ "No. 27202". The London Gazette (英語). 15 June 1900. p. 3751. 2020年6月21日閲覧
  7. ^ Thom's Irish Who's Who. Dublin: Alexander Thom and Son Ltd.. (1923). p. 126. https://en.wikisource.org/wiki/Thom's_Irish_Who's_Who/Killanin,_Baron 
  8. ^ “Olympic Review”. LA84 Foundation N59: 355. (October 1972). http://www.la84foundation.org/OlympicInformationCenter/OlympicReview/1972/ore59/ore59c.pdf. 
  9. ^ Redmond Morris”. IMDb. 2020年6月21日閲覧。