キリト語(Kilit_dialect)は、タリシュ語と密接に関連しているイラン語群に属す方言で、アゼルバイジャンの消滅した言語。

Kilit
話される国 アゼルバイジャン
地域 ナヒチェヴァン
消滅時期 20世紀
言語系統
言語コード
ISO 639-3
Glottolog なし
テンプレートを表示

おそらくイラン語群のタチ語の方言(その他の言語はイランでのみ見られる)で、特にハルザンディ語の下位方言。

1950年代には第二言語として非ネイティブスピーカーによってまだ使用されていた[1][2]

外部リンク編集

References編集

  1. ^ Stilo, D. L. 1994. Phonological systems in contact in Iran and Transcaucasia. In Persian studies in North America: Studies in Honor of Mohammad Ali Jazayery By Muhammed Ali Jaza'iri, Mehdi Marashi, Mohammad Ali: Festschrift Jazayery, Published by Ibex Publishers, Inc., p. 90. 0-936347-35-X, 978-0-936347-35-6
  2. ^ UNESCO Interactive Atlas of the World’s Languages in Danger Archived 2009-02-22 at the Wayback Machine.