メインメニューを開く

キートンのカメラマン』(The Cameraman)は、エドワード・セジウィック英語版バスター・キートン(クレジット無し)による1928年のサイレントコメディ映画である[1]。キートン、マーセリン・デイ英語版ハロルド・グッドウィン英語版らが出演した。

キートンのカメラマン
The Cameraman
The cameraman poster.jpg
劇場ポスター
監督 エドワード・セジウィック英語版
バスター・キートン (クレジット無し)
脚本 リチャード・シェイヤー英語版
ジョゼフ・W・ファーナム英語版
アル・ボースバーグ英語版 (クレジット無し)
原案 クライド・ブラックマン英語版
ルー・リプトン英語版
イロン・モーガン (クレジット無し)
製作 バスター・キートン (クレジット無し)
ローレンス・ウェインガーテン英語版 (クレジット無し)
出演者 バスター・キートン
マーセリン・デイ英語版
ハロルド・グッドウィン英語版
撮影 レジー・ラニング
エルギン・レスレー英語版
編集 ヒュー・ウィン
バジル・ランゲル (クレジット無し)
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 1928年9月22日
上映時間 67分 (8巻)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント
英語中間字幕
テンプレートを表示

キートンがメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)と契約して以来初めての作品であり、2005年にアメリカ国立フィルム登録簿に追加された。

MGMはキートンのクリエイティブ・コントロールを制限し、彼のキャリアの転換期となった。彼は後にMGM移籍を「私のキャリアで最悪のミス」と語った[2]

目次

プロット編集

キャスト編集

クレジットに無いキャスト

製作編集

1928年1月26日、キートンはメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)と2年契約を交わした[3]。この契約によりキートンは年に2本の映画に出演し、週給3000ドルでスタジオで3番目の高給取り俳優となった。キートンは自分の独立系の製作会社から多くのスタッフを連れてきた。彼はすぐにMGMに『カメラマン』の企画を通し、会社はそれに対して1250ドルを支払った[4]。キートンは後にMGMとの契約を「私の人生で最悪の間違い」と回想した[5]

撮影現場はプロデューサーのローレンス・ウェインガーテン英語版によって仕切られた。ウェインガーテンはキートンと現場で対立し、彼を子供と呼んだ。キートンは本作以前までは自分の作品を完全にコントロールしており、プロデューサーから干渉されることに慣れていなかった[6]。しかしながらMGMの製作部長のアーヴィング・タルバーグは完成した映画を気に入り、ラッシュのスクリーニング中に笑っていた[7]。脚本には22人の脚本家が関与したが、キートンはタルバーグに向かって脚本を投げ捨て、自身のやり方での製作を許可された[8]

評価と影響編集

映画は79万7000ドルを売り上げて興行的に成功し、また評論家からも絶賛された。MGMの脚本部署は数十年にわたってこの映画を「完璧に構成されたコメディ」として新人作家を育成する際の手本にした[9]

後に1950年の『Watch the Birdie』にインスピレーションを与えており、キートンはMGMでギャグマンとして働き、レッド・スケルトンのアドバイザーを務めた[10]

2005年にアメリカ議会図書館により国立フィルム登録簿に追加された。

保存状態編集

フィルムは1965のMGM保管庫火災英語版により消失したと考えられていたが、1968年にパリで全編が発見された[11]。1991年にはいくつかの映像が欠けているものの更に状態の良いフィルムが発見された[11]

参考文献編集

  1. ^ The Cameraman - インターネット・ムービー・データベース(英語).
  2. ^ Buster Keaton web site.
  3. ^ Meade, Marion. Buster Keaton: Cut to the Chase. New York, NY: Da Capo Press. 1997. ISBN 0-306-80802-1. p. 184.
  4. ^ Meade. 1997. p. 185.
  5. ^ Wakeman, John (1987). World Film Directors, Volume 1. New York, New York: The H. W. Wilson Company. ISBN 978-0-8242-0757-1. p. 529.
  6. ^ Meade. 1997. p. 186.
  7. ^ Meade. 1997. p. 187.
  8. ^ Wakeman. 1987. p. 529.
  9. ^ Meade. 1997. p. 187.
  10. ^ Watch the Birdie”. Turner Classic Movies. 2018年12月4日閲覧。
  11. ^ a b Dennis Harvey. “The Cameraman”. San Francisco Silent Film Festival. 2015年9月23日閲覧。

外部リンク編集