ギゼルベルト (ルクセンブルク伯)

ルクセンブルク伯ギゼルベルト(Giselbert, Graf von Luxemburg, 1007年ごろ - 1059年8月14日)は、ザルム伯およびロンウィ伯、後にルクセンブルク伯(在位:1047年 - 1059年)。モーゼルガウ伯フリードリヒ[1]とおそらくイルムトルート・フォン・グライベルクの息子。

ギゼルベルト
Giselbert
ルクセンブルク伯
在位 1047年 - 1059年

出生 1007年ごろ
死去 1059年8月14日
子女 コンラート1世
ヘルマン


アダルベロ
ユッタ
家名 アルデンヌ=ルクセンブルク家
父親 モーゼルガウ伯フリードリヒ
母親 イルムトルート・フォン・ヴェッテラウ
テンプレートを表示

生涯編集

はじめはザルム伯およびロンウィ伯であったが、兄ハインリヒ2世の死によりルクセンブルク伯位を継承した[2]。また、トリーアのザンクト=マクシミン修道院およびエヒタナハ修道院からの収入も手に入れた。ギゼルベルトは、トリーア大司教ポッポとの間でザンクト=マクシミン修道院に関する論争に巻き込まれたが、弟メッツ司教アダルベロ3世が仲裁に入った。

1050年、ルクセンブルクの人口がかなり増加したため、ギゼルベルトは街の周りに要塞壁を新たに建設し、街の面積を拡張した。

子女編集

妻の名や出自は不詳である。以下の子女をもうけた。

  • コンラート1世[3](1040年ごろ - 1086年) - ルクセンブルク伯
  • ヘルマン(1035年ごろ - 1088年) - ザルム伯、ドイツ対立王(1081年 - 1088年)
  • 娘 - ディートリヒ・フォン・アンメンスレーベンと結婚
  • 娘 - オルティゲン伯クノと結婚
  • アダルベロ(1097年没) - メッツの司祭
  • ユッタ - リンブルク伯ウドと結婚

脚注編集

  1. ^ Pit Péporté (2011). Constructing the Middle Ages: Historiography, Collective Memory and Nation-Building in Luxembourg. BRILL.
  2. ^ Luxembourg Doing Business for Everyone Guide - Practical Information and Contacts. p. 39.
  3. ^ Gades, John A. (1951). Luxembourg in the Middle Ages. Brill.
先代:
ハインリヒ2世
ルクセンブルク伯
1047年 - 1059年
次代:
コンラート1世