ギヨーム2世 (エノー伯)

ギヨーム2世(Guillaume II, 1307年 - 1345年9月26日)は、エノー伯ホラント伯ゼーラント伯ウィレム4世でもあった。父はエノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯ギヨーム1世、母はヴァロワ伯シャルルの娘で、フランスフィリップ6世の妹ジャンヌ[1]。妹は神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世の皇后・マルガレーテ・フォン・ホラントイングランドエドワード3世の王妃・フィリッパ・オブ・エノー

ギヨーム2世
Guillaume II
エノー伯
ホラント伯
Guillaume II de Hainaut.png
在位 1337年 - 1345年

出生 1307年
死去 1345年9月26日
ワルンス(スタフォーレン近く)
配偶者 ジャンヌ・ド・ブラバン
家名 アヴェーヌ家
父親 ギヨーム1世
母親 ジャンヌ・ド・ヴァロワ
テンプレートを表示

生涯編集

1337年に死去した父の後を継いだ。義兄弟のイングランド王エドワード3世と同盟し、フランスで戦った。かつて親しかったユトレヒト司教ヤン・ファン・アルケルと対立し、ユトレヒトを包囲した。1339年にギヨームはカンブレー包囲戦に参加した[2]

1334年に結婚したブラバント公ジャン3世の娘ジャンヌとの間に子は生まれなかった為[3]、死後は妹のマルガレーテ・ルートヴィヒ4世夫妻が相続した。ジャンヌは後にルクセンブルク公ヴェンツェル1世と再婚した。

1345年フリースラントに遠征したが、同年9月26日ワルンスの戦いBattle of Warns)でフリース人に敗れ戦死した[4]

脚注編集

  1. ^ Courtenay 2020, p. 28-29.
  2. ^ Rosenwein 2018, p. 470.
  3. ^ Vale 2002, p. 7, 194-195.
  4. ^ Vale 2002, p. 7.

参考文献編集

  • Boffa, Sergio (2010). "Low Countries (Narrative 1300-1479)". In Rogers, Clifford J. (ed.). The Oxford Encyclopedia of Medieval Warfare and Military Technology. 2. Oxford University Press. p. 531-552.
  • Courtenay, William J. (2020). “King's Hall and Michaelhouse in the Context of Fourteenth-Century Cambridge”. In Marenbon, John. King’s Hall, Cambridge and the Fourteenth-Century Universities: New Perspectives. Brill 
  • Rosenwein, Barbara H. (2018). Reading the Middle Ages. II: From C. 900 to C. 1500. University of Toronto Press 
  • Vale, Malcolm (2002). The Princely Court: Medieval Courts and Culture in North-West Europe, 1270-1380. Oxford University Press 
先代:
ギヨーム1世
エノー伯
ホラント伯
ゼーラント伯
1337年 - 1345年
次代:
マルグリット2世
ルートヴィヒ4世