クィディッチ(英語 quidditch)は、ハリー・ポッターシリーズに登場する架空のスポーツ。箒に乗って飛行する7人の選手で1チームを構成し、試合では楕円状の競技場の上空で2チームが4つのボールを使って対戦するという設定[1]

クィディッチ用品

日本語で他にキディッチ[2][3]クイディッチ[4]とも。

物語における位置付け編集

魔法学校を舞台とするハリー・ポッターシリーズ中でクィディッチというスポーツは学校生活を構成する要素の一つである[1]。これはEton wall game英語版ラグビーの歴史のあるイートン・カレッジのようなイギリスのパブリックスクールの伝統を踏まえた設定だと考えられる[5][6][7]。1997年に出版されたシリーズ第1巻の『ハリー・ポッターと賢者の石』で主人公ハリー・ポッターは実力を見込まれて自分の寮のクィディッチ選手の一人となり、シーカーのポジションを務める。その後作中では寮対抗のクィディッチの試合、プロ選手の試合などが描写される。

別途出版された『クィディッチ今昔』には、ハリー・ポッターシリーズの世界でのクィディッチの歴史が古代にまで遡って描かれている。

語誌編集

「ditch」(溝)の一種を指す意味での「quidditch」という単語は古くから英語に存在していた[8]J・K・ローリング自身は深く考えずに("on a total whim")作中のこのスポーツにこの名前を付けたと述べた[9][10]

オックスフォード英語辞典は2017年にハリー・ポッターシリーズの「quidditch」を新語として採録した[11]

ゲームの設計編集

ローリングによれば、クィディッチはバスケットボールに似ているという[1]

マグルクィディッチ編集

 
地上のクィディッチ

ハリー・ポッター・シリーズのクィディッチを元にした球技がアメリカの学生によって2005年に始められた[12][13]。7人対7人で対戦するジェンダーフリーな競技であり、プレイヤーは箒を股にはさんで競技場を走る[14]。14名の他、どちらにも属しないsnitch runner(1名)というポジションもある[12][15]

この競技は複数の既存の競技をもとにしており、ラグビードッジボール鬼ごっこレスリングラクロスの要素が見られる[14]

40以上の国々に計2万人あまりのクィディッチ競技者がいる[14]

参考文献編集

  1. ^ a b c 桑野久子 『ハリー・ポッター』におけるクィディッチ : 学校物語のスポーツについての一考察
  2. ^ 翻訳の世界2000.4号 p.65、「栗原知代の洋書指南 NO.58」
  3. ^ http://kyoshoku.coop.nagoya-u.ac.jp/kakehashi/fn/59.html
  4. ^ https://id.nii.ac.jp/1133/00001645/
  5. ^ Sport and Society: A Student Introduction, edited by Barrie Houlihan, p.56
  6. ^ 伊村元道「寄宿学校今昔、現代の学校制度」『英語教育』52(8), 2003-10
  7. ^ 鈴木秀人「クィディッチの寮対抗戦 スポーツが生まれた国、イギリスの現在」『英語教育』52(8), 2003-10
  8. ^ BBC NEWS | UK | England | Cambridgeshire | Village sign attracts Potter fans
  9. ^ https://wamu.org/story/16/12/29/j-k-rowling-rebroadcast/
  10. ^ http://www.accio-quote.org/articles/1999/1299-wamu-rehm.htm
  11. ^ The next Harry Potter words to join the dictionary? - BBC News
  12. ^ a b マグルでもできるクィディッチ ほうきを外すと「注意」 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル
  13. ^ https://quidditchjapan.org/
  14. ^ a b c Segrave, Jeffrey. (2021). The Wonderful World of Quidditch: An Innovative Model of Gender Inclusivity. doi:10.1007/978-3-030-63765-1_11.
  15. ^ Muggle Quidditch: The Rules - Feature - UCLA Magazine Online