メインメニューを開く

クシナガラあるいはクシナーラー: Kuśinagara: Kusinārā, Kusinagara、英語:Kushinagar、タイ語กุสินารา)は、古代インドガナ・サンガ国であったマッラ国(末羅国)の二大中心地のひとつで西の中心地であり、現在のインドウッタル・プラデーシュ州東端のカシア付近の村。釈尊入滅の地とされ、四大聖地のひとつ。ワーラーナシー(ベナレス)の北150kmの地にある。(26.45 N, 83.24 E)

クシナガラ, Kushinagar
Skyline of クシナガラ, Kushinagar
クシナガラ, Kushinagarの位置(ウッタル・プラデーシュ州内)
クシナガラ, Kushinagar
クシナガラ, Kushinagar
クシナガラ県
クシナガラ, Kushinagarの位置(インド内)
クシナガラ, Kushinagar
クシナガラ, Kushinagar
クシナガラ県
クシナガラ, Kushinagarの位置(アジア内)
クシナガラ, Kushinagar
クシナガラ, Kushinagar
クシナガラ県
座標:北緯26度44分28秒 東経83度53分17秒 / 北緯26.741度 東経83.888度 / 26.741; 83.888座標: 北緯26度44分28秒 東経83度53分17秒 / 北緯26.741度 東経83.888度 / 26.741; 83.888
インドの旗 インド
ウッタル・プラデーシュ州
クシナガラ県
人口
(2011)
 • 合計 22,214人
等時帯 UTC+5:30 (IST)
ナンバープレート UP 57
ウェブサイト www.kushinagar.nic.in

死期を悟った釈尊は霊鷲山ビハール州)から生まれ故郷に向う途中にこの地で亡くなる。純陀(チュンダ)の供養した「スーカラ・マッダヴァ(sūkara maddava)」(毒きのこ・あるいは豚が探すトリュフのようなキノコ料理とも)を食して激しい下痢を起こしたのが原因とされる。

マハーパリニッバーナ・スッタンタ(大般涅槃経)には、このクシナガラで釈尊が涅槃するまでの模様が書かれている。

パリニッバーナ寺院(クシナガラ)の涅槃仏


関連項目編集