メインメニューを開く

クストーツァイタリア語: Custoza)は、イタリア共和国ヴェネト州ヴェローナ県ソンマカンパーニャに属する分離集落(フラツィオーネ)。

クストーツァ
Custoza
Custoza panorama.jpg
行政
: Flag of Italy.svg イタリア
: ヴェネト州の旗 ヴェネト
: Blank.png ヴェローナ
コムーネ:
ソンマカンパーニャ
市外局番: 045
CAP(郵便番号): 37066
人口
人口: 685人 (2001 [1])
地理
座標: 北緯45度22分44秒 東経10度47分45秒 / 北緯45.37889度 東経10.79583度 / 45.37889; 10.79583座標: 北緯45度22分44秒 東経10度47分45秒 / 北緯45.37889度 東経10.79583度 / 45.37889; 10.79583
標高: 海抜 125 [1] m
クストーツァの位置(イタリア内)
クストーツァ
クストーツァの位置
Portale:Portali ポータル イタリア
テンプレートを表示

ヴェローナの南西郊外に位置するこの土地は、19世紀に2回にわたって重要な戦闘の舞台となっている(クストーツァの戦い)。

目次

名称編集

イタリア語: Custoza/ku'stɔtsa/ と発音される。日本語文献ではクストーザとカナ転記されることもある。

ドイツ語文献ではクストッツァCustozza)と記される。

地理編集

クストーツァは、ソンマカンパーニャ市街から南西へ約5km、ヴェローナからは南西へ約17kmの距離にある。ソンマカンパーニャ(北東)、ヴァレッジョ(南西)、ヴィッラフランカ(南東)の、ちょうど中心付近に位置している。

集落は、ガルダ湖モレーン(氷堆石)の丘陵地帯(Colline Moreniche del Garda)末端部の麓、ティオーネ川 (it:Tione (fiume)の近くに位置する。南へ丘を越えればパダーナ平原が広がり、ポストゥミア街道にもほど近い。

2つのクストーツァの戦いを記念して、村の近くに納骨堂 (it:Ossario di Custozaが建てられている。

歴史編集

19世紀、イタリア統一運動(イタリア独立戦争)の過程でクストーツァは2回にわたって重要な戦闘の舞台ととなっている。

1848年の戦い編集

1848年、ロンバルド=ヴェネト王国各地でオーストリア帝国による支配に対する反乱が勃発すると(1848年革命ミラノの5日間を参照)、これに乗じてサルデーニャカルロ・アルベルトはオーストリアに宣戦を布告、ロンバルドに攻め込んだ(第一次イタリア独立戦争)。

ヨーゼフ・ラデツキー将軍率いるオーストリア軍は体制を立て直し、1848年7月23日から7月25日にかけて、カルロ・アルベルト率いるサルデーニャ王国軍とこの地で衝突。サルデーニャ軍は敗北した (Battle of Custoza (1848)。その後、北イタリアの反乱もオーストリア軍によって鎮圧された。

1866年の戦い編集

1866年、オーストリアとプロイセンの普墺戦争が勃発すると、イタリア王国(1861年成立)はヴェネト地方を併合すべくオーストリアと戦端を開いた(第三次イタリア独立戦争)。1866年6月24日、ラ・マルモラ将軍 (Alfonso Ferrero La Marmora率いるイタリア王国軍はオーストリア軍とこの地で衝突したが、敗北を喫している (Battle of Custoza (1866)

この時、ジュゼッペ・ガリバルディはアルプス猟兵隊を率いてトレンティーノ地方に攻め入り、ベッツェッカの戦いに勝利してトレントを目前にしていたが、クストーツァの敗北を受けたイタリア王国軍から後退を命じられて、「Obbedisco(従う)」と一言だけの電報を返している。

社会編集

経済・産業編集

ここの地名は、DOCワインビアンコ・ディ・クストーツァ (it:Bianco di Custozaでも有名である。

文化編集

クストーツァを舞台とした作品編集

 
サルデーニャの少年鼓手の家(casa del Tamburino Sardo)

エドモンド・デ・アミーチスの小説『クオーレ』(1886年)の中の一挿話「サルデーニャの少年鼓手」(Il tamburino sardo)は、1848年のクストーツァの戦いを舞台とした物語である。クストーツァには、「サルデーニャの少年鼓手の家」や記念物がある。

脚注編集

外部リンク編集