海抜(かいばつ)とは海水面から測った陸地の高さのことである。

単位編集

海抜には平均海抜メートルMetres above mean sea levelMAMSL)、または単に海抜メートルmetres above sea levelm a.s.l)が使用される。前述する海水面は干潮時満潮時の年間平均を基準とし、計測する。平均海面は気候変動や時間の影響を受ける為、実際の海抜高度とは異なることがある。

日本においては、海抜は近隣の海面を基準とし、標高東京湾の1873年から1879年の平均潮位を基準としているが、一般には同義として通用する[1]

使用編集

海抜は標高の基本的な測定に使われる。

決定方法編集

特定のポイントの海抜は様々な方法で決定できる。以下は一般的な計測方法である。

過去の平均海面の正確な測量は複雑である。理由として、陸地の沈下や、海面上昇などがある。

その他の測量方法編集

海抜メートルの他に海抜フィートも使用され、アメリカの測量システム(FAMSL)を利用する測量方法はアナログな方法としては最も一般的である。

略称編集

海抜0メートルは平均海面の略称「AMSL」に基づいて「MAMSL」と略される。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 大地を見つめる国土地理院」『国土交通No.116』国土交通省、2012年8月。2020年1月31日閲覧。

外部リンク編集