メインメニューを開く

クラノア』は、2008年6月からブランディング(旧ゼイヴェル)運営の携帯電話用サイト「トイズWalkerプレミアム」において配信された無料恋愛シミュレーションゲーム乙女ゲームにも該当する。2010年7月に最終話、同年9月にエピローグが配信された。

クラノア
ジャンル 恋愛シミュレーションゲーム
ゲーム
対応機種 iアプリYahoo!ケータイEZweb
発売元 トイズWalkerプレミアム
メディア 携帯電話アプリ
プレイ人数 1人
発売日 2008年6月
インターネットラジオ:クラノア放送委員会
愛称 クララジ
配信期間 2009年1月9日 - 2010年12月31日
配信サイト 公式ホームページ
配信日 隔週金曜日
配信回数 全50回
配信形式 ストリーミング
スタジオ TWOFIVE STUDIO
パーソナリティ 小野大輔下野紘
構成作家 平尾隆昌
ディレクター 村木康生
プロデューサー ドン・マッコウ
漫画
原作・原案など 原作:加藤千穂美
キャラクターデザイン:キリシマソウ
作画 久遠あき
出版社 アスキー・メディアワークス
掲載誌 シルフ
発表号 2009.5 vol.7 - 2011.6月号
巻数 全2巻
テンプレート - ノート
ポータル ラジオ

目次

概要編集

シナリオは加藤千穂美、キャラクターデザインはキリシマソウが担当。

物語編集

ある日、主人公の月嶋美乃理が目を覚ましたのは、見覚えのない白くて小さな部屋。傍らには、ウサギの耳を持つ少年・イチがいた。美乃理はイチから、彼が自分の守護霊であること、今いる部屋は「クラノア」という人の心を表した場所であることを教えられ、同時に、登校途中に事故に遭った美乃理が記憶を失っていることや、同じ事故に遭った双子の姉・栞と美乃理の魂が1つの体に共存している驚きの事実も知らされるのだった。

登場人物編集

はドラマCD版のキャスティングを記載している。

メインキャラクター編集

月嶋美乃理(つきしま みのり)
声:井上麻里奈
誕生日:6月19日
主人公(ゲームでは名前変更可能)。世田谷東高校2年の17歳。テニス部所属。交通事故で記憶を失った少女。その際の衝撃により、1つの肉体における姉の栞と自分の意識の共存が始まったため、栞と身体を奪い合う事態になる。追憶のバレットをイチの持つ金色の銃(ナナ所有の銃と同じデザイン)で撃たれることにより、クラノアから肉体を伴って現実世界へと戻ることが出来る。
イチ
声 - 小野大輔
身長:170cm
美乃理の守護霊。白いウサギの耳を持つ。白い軍服と眼帯(左目)を着け、首に金色の鍵を下げる。少々子供っぽく感情的な面があるが、美乃理を溺愛している。記憶を探す過程で、数々の苦しみに苛まれる美乃理を精神的にサポートする。
ナナ
声 - 下野紘
身長:168cm
栞の守護霊。黒い猫の耳を持つ。白い軍服と包帯(左目)を着け、首に銀色の鍵を下げる。守護の対象である栞をとても大切に想っているため、栞と目的が同じ美乃理とイチを敵視しており、特に美乃理への対応は冷たく厳しい。
喜多嶋翔(きたじま しょう)
声 - 中村悠一
誕生日:8月25日 血液型:O型 身長:178cm
世田谷東高校2年の17歳。美乃理の彼氏。サッカー部所属。栞のクラスメートでもある。口数は少な目で不器用だが、一途。
加護雄一(かご ゆういち)
声 - 神谷浩史
誕生日:11月20日 血液型:AB型 身長:173cm
世田谷東高校2年生の17歳。中学時代からの栞の彼氏。学校では生徒会長を務めている。物腰が柔らかな優等生。
澤木千尋(さわき ちひろ)
声 - 平川大輔
誕生日:5月8日 血液型:B型 身長:180cm
月嶋姉妹の近所に住む医大生の幼馴染。19歳。美乃理と栞にとってはいつも気に掛けてくれる兄のような存在。2人からは「ちーちゃん」と呼ばれている。世田谷東高校サッカー部のOBでもある。
月嶋栞(つきしま しおり)
声 - 福圓美里
誕生日:6月19日
美乃理の双子の姉。世田谷東高校2年。生徒会所属。内気な性格で、真意の見えない行動が多い。追憶のバレットをナナの持つ銀色の銃で撃たれることにより、クラノアから肉体を伴って現実世界へと戻ることが出来る。
トオコ
声 - 前田愛
クラノアに存在する正体不明の少女。おかっぱ頭で赤い着物を着ている。外見は小学生。
ロク
声 - 立花慎之介
栞の新たな守護霊。青い羽を持つ。白い軍服(イチ、ナナの着ているものとは若干デザインが違う)に黒い眼帯を付けている。

サブキャラクター編集

岸元純也(きしもと じゅんや)
声 - 馬場圭介
栞のクラスメート。悪目立ちしており、栞には親しげに接する。

ラジオ編集

「クラノア放送委員会」の名前で、2009年1月9日から2010年12月31日まで公式サイトでインターネットラジオ番組が配信されていた。全50回。パーソナリティは、ドラマCDで登場人物を演じる小野大輔(イチ役)と下野紘(ナナ役)である。番組のラジオCDやファンブックなども発売中。

オープニングテーマ編集

  • cry no more〜僕と君の世界(第1 - 9回)
  • blooming moon〜ブルーミングムーン(第10 - 12回)
  • LOVE&HEAVEN〜ラブアンドヘブン(第13 - 25、29 - 50回)
  • ever forever〜エバーフォーエバー(第26 - 28回)

エンディングテーマ編集

  • cry no more〜僕と君の世界(instrumental)(第1 - 12回)
  • blooming moon〜ブルーミングムーン(第13 - 25、29 - 50回)
  • ever forever〜エバーフォーエバー(第26 - 28回)

コーナー編集

うさにゃん劇場(第1回〜)
イチとナナによるミニドラマ。シナリオ執筆は加藤千穂美が担当。
コトバの御守(第1回〜)
番組の合間に流れる一言のセリフ。トイズwalkerプレミアムにおいて、1か月限定の着ボイスとしても配信される。
ふつおたコーナー(第1回〜)
ジャンルを問わず、リスナーからのメールを紹介する。
イチナナよせよせ(第37回〜)
提示したお題に対して、リスナーから寄せられた解答を使い、3本勝負(最後は必ずパーソナリティオリジナルのネタで勝負する)で面白さを競う大喜利的コーナー。判定は座布団をドーナッツの個数に置き換えており、そのドーナッツを積み上げて、無事10個積み上げることができたら豪華賞品がもらえる。
我が家のイチナナ自慢(第1回〜)
リスナーから寄せられたイチ(ウサギ)とナナ(猫)の写真を見て、その構図に合ったセリフをパーソナリティの小野(ウサギ担当)と下野(猫担当)があてる。
イチナナ妄想チキンレース(第1〜8回)
寄せられたお題を1〜7段階までレベルアップさせていき、最後まで達成出来ればご褒美が与えられる。お題を行き過ぎた解答を出したり、最中に本人が笑った場合はアウトとなり、罰ゲームとして甘いセリフを言わなければならない。
イチナナ・ナウ・ドラマチック(第10〜20回)
リスナーから募集したイチ・ナナに言って欲しいセリフを元に、シチュエーションをパーソナリティが考え演出する。
嘘つきウサギと嘘つきニャンコ/正直ウサギと正直ニャンコ(第24〜37回)
お互いに、片方のパーソナリティがリスナーによる質問を出題し、もう片方がそれに対して1つだけ嘘(本当)を混ぜた3つの答えを返す。出題側にその1つの嘘(本当)を見破られた場合、回答側は罰ゲームとして「女子が一度は言われたいプロポーズ」を言わなければならない。第30回より正直ウサギと正直ニャンコマイナーチェンジし、今までは毎回小野と下野に1回ずつ出題側、回答側になる機会があったが、第37回からは毎回1回戦のみで役割入れ替え制になった。
イチナナよせよせ(第37〜49回)
お題に対してリスナーから募った回答をそれぞれ紹介していき、その答えによりドーナツ(座布団)がもらえる大喜利コーナー。ドーナツを10個集める(積み上げられれば)豪華景品が貰える。
甘噛みさせて(第1〜49回)
リスナーから送られた早口言葉に、パーソナリティのどちらかが挑戦する。ルールは「3回連続で言わなければならない」の1点のみで、噛んでもOK。

ゲスト編集

ラジオCD編集

過去配信分と、新規録り下ろし分を収録した番組ラジオCD。

巻数 発売日 収録回 録り下ろし分のゲスト
2009年
Vol.1 2009年5月30日 第1 - 6回 中村悠一
Vol.2 2009年8月22日 第7 - 12回 平川大輔(メッセージゲスト)
Vol.3 2009年12月16日 第13 - 20回 なし
Vol.4 2010年3月30日 第21 - 26回
2010年
Vol.01 2010年6月25日 第27 - 34回 なし
Vol.02 2010年9月29日 第35 - 40回 なし(構成作家・平尾隆昌出演)
Vol.03 2011年1月28日 第41 - 44回
Vol.04 2011年4月27日 第45 - 50回

ファンブック編集

クラノア放送委員会 ファンブック
番組の名場面集やパーソナリティによる対談、構成作家へのインタビューを始め、パーソナリティの手形(右)、津々巳あやによる収録レポート漫画や4コマ漫画などが掲載された番組公式ファンブック。2010年3月27日発行。
クラノア放送委員会 ファンブック Final
第27回から最終回までの番組の軌跡、パーソナリティによる対談、構成作家へのインタビュー、「ラジオCD 2010 Vol.04」の特別回の収録や過去行われた公開録音のレポート、前回に続きパーソナリティの手形(左)、高遠キョロや津々巳あやによるキャストイラストなどを収録。2011年4月27日発行。

関連商品編集

ドラマCD編集

メインストーリー編集

  • クラノア -Hello Again-(2008年10月25日発売)
  • クラノア -yesterday once more-(2009年3月14日発売)
  • クラノア -another girl-(2010年1月29日発売)
  • クラノア -Blow up-(2010年5月28日発売)
  • クラノア close to you(2010年12月24日発売)
  • クラノア 〜cry no more,smile for me(2011年6月29日発売)

コラボレーション編集

トイズWalkerと電撃Girl's Styleのコラボレーション企画。電撃Girl's Styleで連載されていた小説のドラマCD化。

  • クラノア 覚醒未満 それは僕らのカタルシス(2009年5月30日発売) - イチ、ナナ
  • クラノア 覚醒未満 -the second volume- それは僕らのカタルシス(2010年4月28日発売) - 翔、雄一、千尋

キャラクターCD編集

キャラクターソングに加え、シチュエーションに合わせたキャラクターによるメッセージトラックを収録している。

  • cry no more〜僕と君の世界(2009年3月14日発売) - イチ、ナナ
  • LOVE&HEAVEN〜ラブアンドヘブン/blooming moon〜ブルーミングムーン(2009年7月31日発売) - イチ、ナナ
  • ever forever〜エバーフォーエバー(2010年1月29日発売) - 喜多嶋翔

漫画編集

シルフ』Vol.7より連載された。作画は久遠あきが担当。

単行本
  1. ISBN 978-4-04-868679-2(2010年6月22日発売)
  2. ISBN 978-4-04-870623-0(2011年6月23日発売)

外部リンク編集