クリスティアーン・ホイヘンス

オランダの数学者、物理学者、天文学者、ホイヘンスの原理の提唱者 (1629 - 1695)

クリスティアーン・ホイヘンスChristiaan Huygens1629年[3]4月14日 - 1695年[3]7月8日[4])(ChristianHuygensPronunciation.ogg listen[ヘルプ/ファイル]) は、オランダ数学者物理学者天文学者。かつてオランダの25ギルダー紙幣にその肖像が描かれていた。

クリスティアーン・ホイヘンス
Christiaan Huygens-painting.jpeg
生誕 1629年4月14日
Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国 デン・ハーグ
死没 (1695-07-08) 1695年7月8日(66歳没)
Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国 デン・ハーグ
研究分野 数学物理学天文学
研究機関 王立協会科学アカデミー (フランス)
出身校 ライデン大学
主な業績 タイタンの発見、土星の環の解明、遠心力衝突振り子時計ホイヘンス=フレネルの原理波動複屈折縮閉線31平均律
影響を
受けた人物
ガリレオ・ガリレイルネ・デカルト
影響を
与えた人物
ゴットフリート・ライプニッツアイザック・ニュートン[1][2]
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

生涯・業績編集

その他ハイゲンス式接眼鏡[注釈 4]を発明。ホイヘンスの原理提唱[9]。光の媒介としてのエーテルの提唱等の業績がある。

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 最初に発見したガリレオ・ガリレイは環状であることは認識できず、「土星の腕」「土星の耳」等と呼んでいた。
  2. ^ 振り子の等時性自体はガリレオ・ガリレイの発見である。
  3. ^ 『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』p.14は「1657年に振子の等時性を応用した振子時計を発明」とする。
  4. ^ 日本の望遠鏡業界では英語式にハイゲンス式、顕微鏡業界ではオランダ式にホイヘンス式と表記される。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ I. Bernard Cohen; George E. Smith (25 April 2002). The Cambridge Companion to Newton. Cambridge University Press. p. 69. ISBN 978-0-521-65696-2. http://books.google.com/books?id=3wIzvqzfUXkC&pg=PA69 2013年5月15日閲覧。 
  2. ^ Niccolò Guicciardini (2009). Isaac Newton on mathematical certainty and method. MIT Press. p. 344. ISBN 978-0-262-01317-8. http://books.google.com/books?id=U4I82SJKqAIC&pg=PA344 2013年5月15日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i 『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』pp.14-15「ハイゲンス兄弟の望遠鏡」。
  4. ^ O'Connor, John J.; Robertson, Edmund F., “Christiaan Huygens”, MacTutor History of Mathematics archive, University of St Andrews, https://mathshistory.st-andrews.ac.uk//Biographies/Huygens.html .
  5. ^ Helden, Anne; Gent, Robert Harry (1999-02-01). “The Lens Production by Christiaan and Constantijn Huygens”. Annals of science 56: 69–79. doi:10.1080/000337999296535. https://www.researchgate.net/publication/11727027_The_Lens_Production_by_Christiaan_and_Constantijn_Huygens. 
  6. ^ おはなし天文学. 2』Hiroshi Saida, 博 斉田、地人書館、2000年。ISBN 4-8052-0653-5OCLC 675257833
  7. ^ おはなし天文学. 4』Hiroshi Saida, 博 斉田、地人書館、2000年。ISBN 4-8052-0655-1OCLC 675693361
  8. ^ The System of Saturn”. www.wdl.org (1659年). 2021年6月5日閲覧。
  9. ^ Treatise on Light, by Christiaan Huygens”. www.gutenberg.org. 2021年6月5日閲覧。

参考文献編集