メインメニューを開く

生涯・業績編集

その他ハイゲンス式接眼鏡[注釈 4]を発明。ホイヘンスの原理提唱。光の媒介としてのエーテルの提唱等の業績がある。

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 最初に発見したガリレオ・ガリレイは環状であることは認識できず、「土星の腕」「土星の耳」等と呼んでいた。
  2. ^ 振り子の等時性自体はガリレオ・ガリレイの発見である。
  3. ^ 『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』p.14は「1657年に振子の等時性を応用した振子時計を発明」とする。
  4. ^ 日本の望遠鏡業界では英語式にハイゲンス式、顕微鏡業界ではオランダ式にホイヘンス式と表記される。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ I. Bernard Cohen; George E. Smith (25 April 2002). The Cambridge Companion to Newton. Cambridge University Press. p. 69. ISBN 978-0-521-65696-2. http://books.google.com/books?id=3wIzvqzfUXkC&pg=PA69 2013年5月15日閲覧。. 
  2. ^ Niccolò Guicciardini (2009). Isaac Newton on mathematical certainty and method. MIT Press. p. 344. ISBN 978-0-262-01317-8. http://books.google.com/books?id=U4I82SJKqAIC&pg=PA344 2013年5月15日閲覧。. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』pp.14-15「ハイゲンス兄弟の望遠鏡」。

参考文献編集