クリスティーナ・ガルメンディア

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガルメンディア第二姓(母方の)はメンディサバルです。(Template:スペイン語圏の姓名

クリスティーナ・ガルメンディア・イ・メンディサバルバスク語: Cristina Garmendia y Mendizábal1962年2月21日 - )は、スペインサン・セバスティアン出身の生物学者実業家マドリード自治大学で生物学の博士号(PhD)を取得している。2008年4月から2011年12月まで、スペイン社会労働党(PSOE)のサパテロ内閣で科学・イノベーション大臣を務めた(民間人閣僚[1][2]

クリスティーナ・ガルメンディア
Garmendia DEN 2011 (cropped).jpg
生誕Cristina Garmendia y Mendizábal
(1962-02-21) 1962年2月21日(59歳)
ギプスコア県サン・セバスティアン
国籍スペインの旗 スペイン
出身校マドリード自治大学
ナバーラ大学 IESE
職業生物学者実業家

経歴編集

青年期編集

1962年、バスク地方ギプスコア県サン・セバスティアンに生まれた。セビリア大学遺伝学を専攻し、生物学の学士号を取得した。1980年代にはマドリードに移住し、マドリード自治大学ではマルガリータ・サラス教授に学んだ。マドリード自治大学で遺伝学と分子生物学の講師となり、スペイン科学研究高等評議会英語版(CSIC)のセベロ・オチョア分子生物学センターから博士号(PhD)を授与された。その後はナバーラ大学IESEMBA(経営学修士)を取得した。

実業家時代編集

2000年にはバイオテクノロジー企業のヘネトリクスを設立し[3]、2008年には健康産業とバイオテクノロジーに特化したベンチャーキャピタル企業のYSIOSを設立した。インビオメッド財団の理事長、スペイン生物学会の会長、スペイン雇用者団体連合会(CEOE)の理事も務めている。

科学・イノベーション大臣編集

2008年4月11日、スペイン社会労働党(PSOE)のホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ内閣で科学・イノベーション大臣に就任した。社会労働党は2011年スペイン議会総選挙で敗れたため、ガルメンディアは2011年12月21日に科学・イノベーション大臣を退任した。2012年にはYSIOSの経営陣に復帰した[4]

脚注編集

  1. ^ Entrevista con Cristina Garmendia”. エル・パイス (2020年7月21日). 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ Zapatero picks more women than men for new cabinet of ministers”. Surinenglish (2008年4月22日). 2008年5月23日閲覧。
  3. ^ Spain's Biotech Revolution”. Technology Review (2005年1月). 2020年6月6日閲覧。
  4. ^ Cristina Garmendia returns to Ysios Capital as Partner”. YSIOS Capital (2012年5月29日). 2012年5月29日閲覧。