クリストファー・ケルク・インゴールド

クリストファー・ケルク・インゴールド(Sir Christopher Kelk Ingold BEM FRS[2]1893年10月28日 - 1970年12月8日)は、イギリスのイギリス学派に属する化学者

Sir
クリストファー・ケルク・インゴールド
BEM FRS
生誕 (1893-10-28) 1893年10月28日
イギリス、ロンドン
死没 1970年12月8日(1970-12-08)(77歳)
ロンドンエッジウェア
居住 ロンドン
国籍 イギリス
研究分野 化学
研究機関 インペリアル・カレッジ・ロンドン
リーズ大学
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
出身校 ハートリー大学(現在のサウサンプトン大学)
インペリアル・カレッジ・ロンドン
論文 Formation and stability of carbon rings (1921)
指導教員 ジョセリン・フィールド・ソープ英語版
博士課程
指導学生
ロナルド・ギレスピー英語版
ロナルド・シドニー・ナイホルム英語版[1]
主な業績 有機反応機構
カーン・インゴールド・プレローグ順位則
ヒューズ・インゴルード則
ソープ・インゴールド効果
主な受賞歴
署名
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

1913年にサウサンプトンハートリー大学で研究を開始した。1930年、ロバート・ロビンソンの後任としてリーズ大学よりロンドン大学の教授に就任し、ロビンソンによって開拓された有機電子論をさらに発展させ、メソメリズムとして完成させた。

主に有機化学において構造と反応機構との関連を中心に研究し、求核置換反応脱離反応に関する業績も多い。1920年代と1930年代の反応機構と有機化合物の電子構造における画期的な研究は、求核剤求電子剤誘起効果共鳴効果といった主流化学の諸概念の導入や、SN1SN2E1E2といった記述子の導入に貢献した。

またロバート・シドニー・カーン英語版およびウラジミール・プレローグとともに、立体化学で用いられるR/S体表示法の定義であるカーン・インゴルド・プレローグ順位則CIP法)を提唱した。

1924年に王立協会フェロー選出、同協会から1946年にデービーメダル、1952年にロイヤル・メダル受賞。1964年スイス化学協会からパラケルスス・メダル受賞。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Livingstone, Stanley E.. “Nyholm, Sir Ronald Sydney (1917–1971)”. Australian Dictionary of Biography. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ a b Shoppee, C. W. (1972). “Christopher Kelk Ingold. 1893-1970”. Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society 18: 348–411. doi:10.1098/rsbm.1972.0012. 

関連項目編集