クリストフ・ポッペン

ドイツ出身の指揮者、ヴァイオリン奏者

クリストフ・ポッペン(Christoph Poppen, 1956年3月9日 - )[1][2]は、ドイツ出身の指揮者ヴァイオリン奏者

クリストフ・ポッペン
生誕 (1956-03-09) 1956年3月9日
出身地 ドイツの旗 ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州ミュンスター
学歴 ロベルト・シューマン大学デュッセルドルフ
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

経歴編集

ノルトライン=ヴェストファーレン州ミュンスター生まれ。ロベルト・シューマン大学デュッセルドルフでクルト・シェッファーに師事し、オスカー・シュムスキーナタン・ミルシテインジョゼフ・ギンゴールドの各氏の薫陶も受けた。 1970年のヤロスラフ・コチアン国際ヴァイオリン・コンクールで優勝するなど、ヴァイオリニストとして早熟ぶりを見せている。 1978年にケルビーニ四重奏団を結成し、1981年のエヴィアン国際弦楽四重奏コンクールで入賞している。

指揮者としては、1989年にデトモルト室内管弦楽団の首席指揮者を務め、1995年にはミュンヘン室内管弦楽団の芸術監督に転出して2006年まで務めた。 2007年から2011年までザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めた。

教職者としては、1988年からデトモルト音楽院でヴァイオリン室内楽を教え、1995年にハンス・アイスラー音楽大学ベルリンに転出。2003年からはミュンヘン音楽・演劇大学で教えている。 また2000年から2005年までミュンヘン国際音楽コンクールの芸術監督を務めた。

編集

  1. ^ 公式サイト
  2. ^ ecmrecords.com