クルクレ石: Pierre Courcoulée)はフランスイル=エ=ヴィレーヌ県ブルターニュ地方フージェールの森東部に存在する石造遺跡の一つである。 巨石の上に屋根のようにして天井石が乗せられているのが特徴である。

クルクレ石

保護に関して編集

1946年、ドルイド列石とともに歴史的建造物に定められた[1]

遺跡の概要編集

部分的に損壊した、屋根のある小路で、長さ6メートル・幅1,3メートルにおよぶ。19世紀に、小路を覆う石の大きさは長さ約4メートル・幅約2メートルと計測された。いまや二つの破片が残されている状態に過ぎない。また、小路は12の割石によって区切られている。割石は最低1.2メートルの高さのもので、そのうちの1つは傾いている。

出典編集

  1. ^ "Dolmen dit la Pierre courcoulée ou Pierre des Huguenots, et alignement mégalithique dit Le Cordon des Druides". base Mérimée, ministère français de la Culture. Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)