クレイトス (ギリシア神話)

クレイトス古希: Κλεῖτος, Kleitos, : Cleitus)は、ギリシア神話の人物である。主に、

の4人のほか数名が知られている。以下に説明する。

アイギュプトスの子編集

このクレイトスは、エジプト王アイギュプトスの50人の子供の1人である。母の名はテュリアーで、ステネロスクリューシッポスと兄弟。アイギュプトスの息子たちはダナオスの50人の娘たち(ダナイデス)と結婚したが、クレイトスら3兄弟は、彼らと同じ名前を持つダナオスとメムピスの3人の娘(クレイテー、ステネレー、クリューシッペー)と結婚したが[注釈 1]、他の兄弟と同様に殺された[1]

マンティオスの子編集

このクレイトスは、ホメーロスによるとマンティオスの子で、ポリュペイデースと兄弟。予言者メラムプースの孫にあたる。美男子であったので、女神エーオースに愛された。エーオースはクレイトスを地上から連れ去り、神々に加えようとしたと伝えられている[2]。クレイトスの家系からはコイラノス予言者ポリュイードスと続いたが[3]パウサニアスによれば、コイラノスはアバースの子となっている[4]

ポリュイードスの子編集

このクレイトスは、予言者ポリュイードスの子で[3]トロイア戦争に参加したエウケーノール[5]ほか、アステュクラテイア、マントーと兄弟[4]。上述のクレイトスの曾孫[3]

パレーネーの求婚者編集

このクレイトスは、トラーキアシートーンの娘パレーネーの求婚者である[6][7]。パレーネーには多くの求婚者がいたが、最初、シートーンは勝利者に娘を与える代わりに敗けたら殺すという条件で、多くの求婚者を自分に挑ませて殺した。しかし後に娘にも夫が必要であると考え、クレイトスとドリュアースの2人の求婚者が現れたとき、2人を戦わせ、勝利した者に娘と王国を与えるとした。クレイトスは彼に恋をしたパレーネーの助けでドリュアースに勝利し、パレーネーと結婚した[6]

その他のクレイトス編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ クレイテー、ステネレー、クリューシッペーは、それぞれクレイトス、ステネロス、クリューシッポスの女性形。

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、2巻1・5。
  2. ^ 『オデュッセイア』15巻249行。
  3. ^ a b c レーロスのペレキューデース断片(『イーリアス』13巻663行への古註)。
  4. ^ a b パウサニアス、1巻43・5。
  5. ^ 『イーリアス』13巻663行-673行。
  6. ^ a b パルテニオス、6。
  7. ^ コノーン、10。
  8. ^ 『イーリアス』15巻445行。
  9. ^ スミュルナのコイントス、6巻465行。

参考文献編集

外部リンク編集