クレピー=アン=ヴァロワ

クレピー=アン=ヴァロワCrépy-en-Valois)は、フランスオー=ド=フランス地域圏オワーズ県コミューン

Crépy-en-Valois

Blason de Crépy-en-Valois.jpg
Crépy-en-Valois (60), Hôtel de ville, façade ouest.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オー=ド=フランス地域圏
(département) オワーズ県Blason département fr Oise.svg
(arrondissement) サンリス郡
小郡 (canton) クレピー=アン=ヴァロワ小郡
INSEEコード 60176
郵便番号 60800
市長任期 ブリュノ・フォルティエ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du pays de Valois
人口動態
人口 15231人
2016年
人口密度 936人/km2
住民の呼称 Crépynois
地理
座標 北緯49度14分09秒 東経2度53分24秒 / 北緯49.235837度 東経2.890032度 / 49.235837; 2.890032座標: 北緯49度14分09秒 東経2度53分24秒 / 北緯49.235837度 東経2.890032度 / 49.235837; 2.890032
標高 平均:m
最低:62m
最高:150 m
面積 16.28km2
Crépy-en-Valoisの位置(フランス内)
Crépy-en-Valois
Crépy-en-Valois
公式サイト crepyenvalois.fr
テンプレートを表示

地理編集

 
クレピー=アン=ヴァロワ駅

パリの北東約60kmにあるクレピー=アン=ヴァロワは、大きな産業文化の土壌(穀物、ビート、油料系植物の生産、畑作農業など)を持つヴァロワの中心地である。

町は、国道2号線道路とA1道路の近くにある。シャルル・ド・ゴール国際空港へは車で約25分から30分の距離である。コミューンにはクレピー=アン=ヴァロワ駅があり、ラ・プレーヌ-イルソンおよびアノール線、TERピカルディーの路線(パリ-ラン区間)と同様にトランジリアンK線の列車が運行される。

2011年12月より、クレピー=アン=ヴァロワ市ではカール・シャルロが運営するシプレという無料バスが運行されており、市内の観光名所に向けた2本の路線で構成されている[1]

建設されてほぼ100年のサン・ラドル橋は老朽化の兆候があらわれ、その堅牢さに疑問が投げかけられている。2018年、重量3.5トンを超えるトラックの橋の通過が禁止された[2]。修復作業はフランス国鉄とオワーズ県間の意見の不一致で難航している[3]

コミューンはリュ・デ・タイヤンディエ川(サント=マリー川支流。サント=マリー川はオートンヌ川左岸の支流である)によって排水されている。また、いくつかの池がある。

由来編集

Crépyは、Crispeium in Valesia (9世紀)、Crispiacus、Crispinacum、Crispeiacum、Crespeium (1504年)、Crispiacum (1223年)、Chrispeyum、Crispeium sylvanectum、Crespy, Crépi、Crespi、Crespeiと記された[4]

歴史編集

 
ヘンドリック・ホンディウス2世作成のヴァロワ地方の地図、1620年

クレピー=アン=ヴァロワの場所は、おそらくローマ人に占領されていた。

10世紀から、フランス王冠領とされる1213年まで、クレピー=アン=ヴァロワはフランス王の有力な家臣ヴァロワ伯の本拠地となった。アパナージュとしてヴァロワを与えられたルイ・ド・ヴァロワは、この地を公領とした。

クレピー=アン=ヴァロワは、フランドルシャンパーニュ間の主要道の1つに位置しており、シャンパーニュ大市とともに12世紀から13世紀まで経済的な繁栄を経験した[5]

しかし、町は百年戦争の影響を受ける。さらに、16世紀以降のフランス王たちはヴィレール=コトレの町の方を好んだ。その後、フランス革命まで、町は徐々に衰退していった。

フランス革命のもと、クレピーの大衆社会は活発だった。1790年から1795年まで、クレピー=アン=ヴァロワは郡庁が置かれた。1861年には鉄道が到達し、町が経済的な活力を取り戻したため1873年にはクレールの家具製造工場ができた。町は、1888年から1918年まで市長を務めた、ギュスターヴ・ショピネ時代の著しい経済成長を忘れていない。

1902年、市議会は宗教的対立によって分裂し、閣僚会議によって解散させられた。

ギュスターヴ・ショピネ市長は、第一次世界大戦のドイツによるフランス侵攻時である1914年9月2日、12人のクレピー市民とともにドイツの人質となった。彼の勇敢な行為は、1917年にレジオン・ドヌール勲章をもたらした。町は特に1918年にドイツによる爆撃に苛まれた。クレールの家具工場は部分的に破壊された。

戦争末期にもかかわらず、町が中程度の破壊に苦しんだことが地図で明らかになっている。1920年7月、第一次世界大戦中のクレピーに対しクロワ・ド・ゲール勲章が授与された。

戦後は、物価の上昇、深刻な住宅危機に特筆される。ジャン・ヴァサル市長の元、最初の低価格住宅(fr)がつくられた。フランス社会党SFIO所属の社会主義者ヴァサルは、ナチス支配下のヴィシー政権によって支持されていた。しかしながらまったく意外なことに、ヴァサルを支持したのはド・ゴール主義者の知事、イヴ・ペロニーであった。1944年9月、彼は地元のフランス内地軍(FFI)によって追放された。1944年11月、ヴァサルはSFIOから除名された。彼は1948年にフランス人民連合に入党した。

左翼のクレピー市民が分裂したのをうまく利用して、ミシェル・デュピュイ博士が1953年のコミューン選挙で勝利した。デュピュイの複数回の任期の元、1995年に彼が職を辞すまでの間にコミューンの人口は5000人から、14000人に増加した。

政治編集

クレピー=アン=ヴァロワは、サンリス郡に属する。国民議会選挙においては、1988年以降オワーズ県第5選挙区の一部となっている。

1790年以降、クレピー=アン=ヴァロワ小郡の中心である。2014年にフランスの小郡再編が行われたが、これまで小郡の中央投票所(fr)が置かれてきたこのコミューンは、再編後も、再編前と同じ25のコミューンを維持する小郡庁所在地のままである。

人口統計編集

2016年時点のコミューンの人口は15231人で、2011年当時の人口より5.96%増加した[6]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2016年
7379 8660 10920 12228 13222 14436 14289 15231

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[7]、2006年以降INSEE[8][9]

史跡編集

  • サン・トマ・ド・カントルベリ参事会教会の遺構[10] - 1875年より歴史的記念物[11]。建物の最も古い部分は12世紀からのもの。2019年6月21日、建物の一部が倒壊した[12].。
  • サンタルヌ―ル僧院の遺構 - 城塞都市の北西端にある。1943年より建物が歴史的記念物[13]。1077年にクリュニー会の規律を採用した僧院として創建。18世紀の僧院住居、ゴシック様式の教会(現在は廃墟)、ロマネスク様式の地下礼拝堂(廃墟)、修道院建物東翼には回廊と3つのアーチをもつ部屋があり、観光客に開放されている[14].。
  • 旧サントーバン城館 - 1926年より歴史的記念物[15]。南側の城壁を見下ろす、10世紀から13世紀の建物。1170年から1180年の間に、ティボー3世・ド・クレピー=ナントゥイユが建てたサントーバン礼拝堂がある。ブーヴィーヌの戦いの直後、彼の息子フィリップ1世は礼拝堂に隣接して、中世の町の城壁を見下ろす貴族の館を建てた。16世紀にここにはヴァロワ公領の行政の中心が置かれた。
  • サン・ドニ教会 - 1977年より歴史的記念物[16]。1802年以降唯一の教区教会。11世紀には城付属の礼拝堂だった。百年戦争で大規模な被害を受けて複数回修復され、1792年には国有資産として売却された後、接収され、飼料店となったが、1802年より教会に戻った[17].。
  • サン・マルタン・ド・ブイヤン教会 - 1951年より歴史的記念物[18]。ブイヤン集落は1828年にクレピーと合併するまで、単独のコミューンだった。建物は4つの梁間、2つの側廊を備えた身廊だけが残っている。翼廊とクワイヤは革命の間に破壊された。教会の後ろには、言い伝えによると、熱病をいやしたとされるサン・マルタンの泉があった[17]

姉妹都市編集

脚注編集

  1. ^ Ligne de bus de la ville.
  2. ^ (fr) Par Cindy BelhommeLe 11 octobre 2018 à 17h01, « Crépy-en-Valois : le pont Saint-Ladre va être interdit aux véhicules lourds », sur leparisien.fr,‎ (consulté le 13 août 2019)
  3. ^ « VIDEO. "On ne peut pas laisser un pont dans cet état" : à Crépy-en-Valois, des habitants s'inquiètent d'un pont décrépit », sur Franceinfo,‎ (consulté le 13 août 2019)
  4. ^ Louis Graves, Précis statistique sur le canton de Crépy-en-Vlois, arrondissement de Senlis (Oise), Beauvais, Annuaire de l'Oise, 1836, 252 p., p. 78.
  5. ^ fr:Louis Carolus-Barré, "Crépy-en-Valois, ville de commune" in Volum no 1, Bulletin de la société d'histoire et d'archéologie du Valois, janvier 2007
  6. ^ Population municipale légale en vigueur au 1er janvier 2019, millésimée 2016, définie dans les limites territoriales en vigueur au 1er janvier 2018, date de référence statistique : 1er janvier 2016.
  7. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=11024
  8. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-60176
  9. ^ http://www.insee.fr
  10. ^ Dominique Vermand, « Crépy-en-Valois, collégiale Saint-Thomas-de-Cantorbéry », Diocèse de Senlis, Eglises de l'Oise - Art roman et gothique (consulté le 19 juin 2019).
  11. ^ https://www.pop.culture.gouv.fr/notice/merimee/PA00114659
  12. ^ Alexis Bisson, « Crépy-en-Valois : la façade de l’église Saint-Thomas s’est écroulée : La chute des pierres, dans la nuit de jeudi à vendredi, n’a pas fait de victime. Un périmètre de sécurité a été mis en place », fr:Le Parisien, édition de l'Oise,‎ (consulté le 25 juin 2019)  .
  13. ^ https://www.pop.culture.gouv.fr/notice/merimee/PA00114655
  14. ^ Dominique Vermand, Églises de l'Oise, canton de Crépy-en-Valois : Les 35 clochers de la Vallée de l'Automne, Comité Départemental de Tourisme de l'Oise / S.E.P Valois Développement,‎ , 56 p., p. 17-18.
  15. ^ https://www.pop.culture.gouv.fr/notice/merimee/PA00114656
  16. ^ https://www.pop.culture.gouv.fr/notice/merimee/PA00114658
  17. ^ a b Jean-Marie Tomasini, Crépy-en-Valois : 1000 ans d'histoire, Corps 9 Editions
  18. ^ https://www.pop.culture.gouv.fr/notice/merimee/PA00114657