メインメニューを開く

クローブ号

日本に初めて来航したイギリスの商船

クローブ号(Clove)は、日本に初めて来航したイギリス商船東インド会社が派遣した船で、1613年6月11日に肥前国(現在の長崎県)の平戸に到着した。司令官はジョン・セーリス。これによって日英の国交が始まったとともに、クロープ号の帰還によって、日本のさまざまな文物がイギリスにもたらされた。

秀忠からジェームズ国王に贈られた甲冑のひとつ。
クローブ号を手配した東インド会社の代表、トーマス・スミス。

目次

概要編集

東インド会社が東アジア交易のために1611年に手配した3隻から成る貿易船団のうちの主船。船団の司令長であるジョン・セーリスが同号に乗船し、日本に向かった(他2隻は別地で任務し、先に帰国)。船長にジェームズ・フォスター、商人長としてリチャード・コックスが同船、乗組員は89名[1]

1611年4月18日、イギリス国王ジェームズ1世より将軍徳川家康に宛てた書簡と献上品を載せ、イギリスを出航。マダガスカルイエメンジャワなどを経由したのち、1613年6月11日平戸に到着[2]

イギリスからの献上品は、1608年に発明されたばかりでヨーロッパ以外には持ちだされたことのなかった望遠鏡のほか、茶器、食器、毛織物など。総額150ポンドで、当時としては高額だった。日本側からは、家康の礼状と、イギリス人に日本国内での居住と通商を許可する旨を記した親書(朱印状)、金の葉が描かれた豪華な屏風十隻、岩井与左衛門作の二揃いの甲冑などを国王へ贈った[2]

船長のセーリスはコックスら8名を日本に残し、家康・秀忠からの贈り物と、日本滞在中に得た漆器や屏風といった多くの美術品などをクローブ号に載せ、1613年12月5日にイギリスに向け出帆。1614年9月にイングランドのプリマスに到着、同年12月にロンドンに帰港した[2]

持ち帰られた漆器などはイギリス初の美術品オークションに出品され、売却された。セーリスは春画も持ち帰っていたが、公序良俗に反するとして東インド会社のトーマス・スミス英語版総督に没収され、破棄された。ジェームズ1世は、セーリスの「日本の王のパレスはシティ・オブ・ヨークのそれより大きい」などといった日本についての報告を信じられず、すべてが作り話なのではないかと疑っていたという。贈られた屏風は現存しないが、甲冑はロンドン塔(王立武具甲冑博物館管轄)、書状は、オックスフォード大学ボドリアン図書館に保管されている[2][3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集