グスタヴァス・ハミルトン (初代ボイン子爵)

初代ボイン子爵グスタヴァス・ハミルトン英語: Gustavus Hamilton, 1st Viscount Boyne PC PC (Ire)1642年1723年9月16日)は、アイルランド王国の軍人、政治家、貴族。

生涯編集

フレデリック・ハミルトン閣下英語版初代ペイズリー卿クラウド・ハミルトン英語版の五男)とシドニー・ヴォーン(Sidney Vaughan、サー・ジョン・ヴォーンの娘)の三男として生まれた[1]ダブリン大学トリニティ・カレッジで教育を受け、1677年にD.C.L.英語版の学位を修得した。

イングランド陸軍英語版の大尉であり、1685年にジェームズ2世が即位するとイングランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された[1]名誉革命では1689年にウィリアム3世によってハミルトンの歩兵連隊英語版隊長に任命され、デリー包囲戦英語版アスローン強襲に参加した後にアスローン総督に就任した[1]ボイン川の戦いでは乗っていた馬を射殺され、自身もあと一歩のところで死を逃れた[1]。その後、1696年に准将に[1]、1704年に少将に昇進した[2]。また、1691年8月31日から1710年1月10日までと1716年2月22日から1723年9月16日までアルスター副提督英語版を務めた[3]

1692年から1713年までドニゴール・カウンティ選挙区英語版の代表としてアイルランド庶民院議員を務めた後、ストラバーン選挙区英語版に転じ、1715年9月30日にアイルランド貴族スタックアランのハミルトン男爵に叙される[4]まで務めた。1717年8月20日、同じくアイルランド貴族のボイン子爵に叙された[5]。また、1710年にはアイルランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された。

1723年に死去、息子のフレデリック・ハミルトンが1715年に死去していたため孫グスタヴァスが爵位を継承した[6]

家族編集

サー・ヘンリー・ブルック(Sir Henry Brooke)の次女エリザベス(1721年12月28日没)と結婚[6]、3男1女を儲けた[7]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Lodge, John (1789). Mervyn Archdall (ed.). The Peerage of Ireland or A Genealogical History of the Present Nobility of that Kingdom (英語). vol. V. Dublin: James Moore. pp. 173–180. |volume=にvol.など余分の文字が入力されています。 (説明)
  2. ^ Haydn, Joseph (1851). The Book of Dignities: Containing Rolls of the Official Personages of the British Empire (英語). London: Longman, Brown, Green and Longman's. p. 333.
  3. ^ "Institute of Historical Research - Vice Admirals of the Coasts from 1660" (英語). 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月8日閲覧
  4. ^ "No. 5368". The London Gazette (英語). 27 September 1715. p. 2.
  5. ^ "No. 5561". The London Gazette (英語). 3 August 1717. p. 1.
  6. ^ a b Debrett, John (1828). Debrett's Peerage of the United Kingdom of Great Britain and Ireland (英語). vol. II (17th ed.). London: G. Woodfall. p. 765. |volume=にvol.など余分の文字が入力されています。 (説明)
  7. ^ Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. pp. 239–240.
  8. ^ a b "Boyne, Viscount (I, 1717)". Cracroft's Peerage (英語). 23 May 2013. 2020年6月18日閲覧
アイルランド議会
空位
最後の在位者
サー・チャールズ・ハミルトン
リチャード・パーキンス
庶民院議員(ドニゴール・カウンティ選挙区英語版選出)
1692年 – 1713年
同職:チャールズ・ハミルトン 1692年 – 1695年
ヘンリー・コニンガム英語版 1695年 – 1707年
フレデリック・ハミルトン 1707年 – 1713年
次代:
フレデリック・ハミルトン
サー・ラルフ・ゴア準男爵
先代:
ジェームズ・トッパム
オリヴァー・マッコースランド
庶民院議員(ストラバーン選挙区英語版選出)
1713年 – 1715年
同職:オリヴァー・マッコースランド
次代:
リチャード・ステュアート
オリヴァー・マッコースランド
軍職
先代:
サー・リチャード・ペイトン
ハミルトンの歩兵連隊英語版隊長
1689年 – 1706年
次代:
ジョン・ニュートン
名誉職
不明 アルスター副提督英語版
1691年 – 1710年
次代:
フレデリック・ハミルトン
先代:
フレデリック・ハミルトン
アルスター副提督英語版
1716年 – 1723年
空位
次代の在位者
ヘンリー・コニンガム英語版
アイルランドの爵位
爵位創設 ボイン子爵
1717年 – 1723年
次代:
グスタヴァス・ハミルトン
スタックアランのハミルトン男爵
1715年 – 1723年