マッキントッシュ夫妻らと女性芸術家たち[1]

グラスゴー派は、19世紀末芸術家集団「4人組」を中心としてヨーロッパ各地からグラスゴーに集まった建築家・デザイナー等のグループである。

概要編集

芸術家集団「4人組」は、チャールズ・レニー・マッキントッシュ(1868年 - 1928年)、マーガレット・マクドナルド(1865年 - 1933年)、フランシス・マクドナルド(1874年 - 1921年)、ハーバード・マックネア(1868年 - 1955年)によって結成された。マッキントッシュ等4人組は、彼らの家具、ポスター、絵画作品、銀細工の時計、装飾パネルなどを1896年のアーツ・アンド・クラフツ展に出品するが、展示会主催のメンバーらは、グラスゴー派の幻想的な曲線装飾を「奇妙な装飾の病」として、非難し、それ以後の出品を禁止した。そして、当時の多くの芸術家からも酷評された。しかし、1893年に創刊された美術工芸の雑誌「ステューディオ」はグラスゴー派に対する批判が強まる中、唯一反対の立場をとり、1897年「4人組」を中心としたグラスゴー派の活動を大いに紹介する。この記事の掲載が、同じ年のウィーンの美術家と工芸家によって結成されたウィーン分離派の造形運動に影響を及ぼし、その後の1900年にダルムシュタット芸術家村で開催されたウィーン・ゼツェッション展を通じてマッキントッシュの名が広まる。

「4人組」の絵画作品編集

グラスゴー・ガールズ編集

 
1893年のグラスゴーの女性芸術家たち

「4人組」のメンバーであったマーガレット・マクドナルドとフランシス・マクドナルドを含む女性画家、デザイナーのグループは「グラスゴー・ガールズ」と呼ばれた。主要なメンバーにはジェシー・M・キング、アニー・フレンチ、ヘレン・パクストン・ブラウン、ジェシー・ワイリー・ニューベリー、アン・マクベス、ベッシー・マクニコルノラ・ニールソン・グレイ[2]らがいる。

1885年から1920年の「啓蒙の時代」において、グラスゴーで女性芸術家の活動が盛んになったのは、地域の美術学校、グラスゴー美術学校の進歩的な校長であるフランシス・ヘンリー・ニューベリーの影響が大きい、ニューベリーは女性の教師を雇い、刺繍などの女性の工芸のクラスを設けた[3]。美術史で「グラスゴー・ガールズ」という名前がつかわれるのは、1960年代になってからで、スコットランドの美術史家のブキャナン(William Buchanan)がグラスゴーの芸術家の展覧会を紹介するなかで使用したとされる[3][4][5]

「グラスゴー・ボーイズ」編集

「4人組」の作品が注目されていた1880年代から1890年代に、グラスゴーで学んだり、活動する若い画家たちはフランスで流行した「印象派」や、「ポスト印象派」の影響を受けた作品を描くようになり、「グラスゴー・ボーイズ」と呼ばれることになった。

メンバーとされる画家と作品例編集

脚注編集

  1. ^ 中央最後列がフランシス・マクドナルド、後列、左からマーガレット・マクドナルド、 Katherine Cameron, Janet Aitken, Agnes Raeburn, Jessie Keppie, John Keppie 、前列、左がハーバード・マックネア、右がチャールズ・レニー・マッキントッシュ
  2. ^ Glasgow Girls On Display, Mary Selwood, accessed July 2010
  3. ^ a b Glasgow Girls (act. 1880–1920) - Oxford Dictionary of National Biography. (2004). doi:10.1093/ref:odnb/73660. http://www.oxforddnb.com/view/article/73660 2018年4月24日閲覧。. 
  4. ^ ExploreArt - Search Results - The Glasgow Girls”. Exploreart.co.uk. 2018年4月23日閲覧。
  5. ^ The Glasgow Boys: An Exhibition of Work by the Group of Artists who Flourished in Glasgow 1880-1900, Volume 2, Scottish Arts Council, 1968