グリゴリー・コトシーヒン

ロシアの外交官

グリゴリー・カルポヴィチ・コトシーヒン英語: Grigory Karpovich Kotoshikhinロシア語: Григорий Карпович Котошихин, tr. Grigoriy Karpovich Kotoshikhin)、1630年頃 - 1667年11月)は、ロシア・ツァーリ国の外交官、ポソルスキのプリカースポジャーチ英語版、作家。

コトシーヒンの著作の手稿

生涯編集

グリゴリー・コトシーヒンは1658年から1661年まで、スウェーデン帝国とのヴァリエサル条約(1658年)およびカディス条約(1661年)の交渉を務めたロシア代表の1人である。1664年春、コトシーヒンはヤコフ・チェルカスキーロシア語版の軍に派遣され、書記官の職についたが、8月にリトアニア大公国に寝返り、シレジアに移った[1]。その後、彼はナルヴァを通過してストックホルムに向かい、スウェーデンの臣下になった。彼は正教会からルター派に改宗、イヴァン=アレクサンドル・セリツキー(Ivan-Alexander Selitsky)に改名した。1667年秋、彼は酔っているときに、住処の主人を殺害したとして処刑された。

グリゴリー・コトシーヒンは「アレクセイ・ミハイロヴィチの治世中のロシアについて」という著作を書き[2](1840年出版)、17世紀中期のロシア・ツァーリ国における貴重な史料となっている。この書物は、2003年、松木栄三(編訳)により日本語訳され、『ピョートル前夜のロシア: 亡命ロシア外交官コトシーヒンの手記』のタイトルで彩流社より出版された(ISBN:978-4882028130)。

脚注編集

  1. ^ B・O・クリュチェフスキー 『ロシア史講話・3』恒文社、1982年、P.286頁。 
  2. ^ Google Books.

関連文献編集

  • コトシーヒン, グレゴリー、松木, 栄三 『ピョートル前夜のロシア: 亡命ロシア外交官コトシーヒンの手記』彩流社、2003年。ISBN 978-4882028130