ケイソス古希: Κεῖσος, Keisos)は、ギリシア神話の人物である。パウサニアースによると、ヘーラクレイダイからアルゴスの王となったテーメノスの長子で、パルケース、ケリュネース、アガイオス[1]、イストミオス[2]ヒュルネートーと兄弟[3]メドーン[4]およびプリウスの父[5]

アルゴス王になったテーメノスはケイソスら息子たちよりも娘ヒュルネートーの結婚相手のデーイポンテースを可愛がった。ケイソスたちはテーメノスが王位をデーイポンテースに譲るのではないかと疑った。彼らはデーイポンテースを暗殺し、テーメノスの王位を掌握した[3]。しかしその後、アルゴス人は王家の権力を縮小させ、ケイソスの子メドーンから10代後のメルタース王の時代に王権を奪った[4]

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
デーイアネイラ
 
 
 
 
 
 
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオレー
 
ヒュロス
 
グレーノス
 
クテーシッポス
 
オネイテース
 
マカリアー
 
テルサンドロス
 
デーモーナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオダイオス
 
アリスタイクメー
 
エウアイクメー
 
トラシュアノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティーサメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリストマコス
 
レオーナッサ
 
 
 
 
 
アンティマコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウテシオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレスポンテース
 
アリストデーモス
 
アルゲイアー
 
テーラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケイソス
 
カラノス
 
ヒュルネートー
 
デーイポンテース
 
アイピュトス
 
プロクレース
 
エウリュステネース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グラウコス
 
ソオス
 
アギス
 
 
 


脚注編集

  1. ^ パウサニアース、2巻28・3。
  2. ^ パウサニアース、4巻3・8。
  3. ^ a b パウサニアース、2巻19・1。
  4. ^ a b パウサニアース、2巻19・2。
  5. ^ パウサニアース、2巻12・6。

参考文献編集

先代
デーイポンテース
アルゴス王(神話時代)
次代
メドーン