ティーサメノス

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

ティーサメノス古希: Τισαμενός, Tīsamenos)は、ギリシア神話の人物である。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

オレステースの子編集

このティーサメノスは、スパルタアルゴスを支配したオレステースとヘルミオネーの子[1]ペンティロスと異母兄弟[1]コメーテース、ダイメネース、スパルトーン、テリス、レオントメネースの父[2]

ティーサメノスの時代にヘーラクレイダイペロポネーソス半島に帰還を果たしたとされる[3][4]。その際、ティーサメノスはアルゴリス地方のテーメニオンに拠点を築いたテーメノスと交戦したが[5]、最終的にスパルタとアルゴスから退去し、アカイア人を率いてアカイア地方に移った[6]。しかし土地に住むイオーニア人の反発を受けて戦いとなり、戦死した。ティーサメノスの遺体はアカイア人が戦争に勝利したのちヘリケーに埋葬されたと伝えられている[7]。なお、アポロドーロスはティーサメノスはヘーラクレイダイに殺されたとしている[8]

先代:
オレステース
スパルタ王(神話時代)
次代:
アリストデーモス
先代:
オレステース
アルゴス王(神話時代)
次代:
テーメノス

テルサンドロスの子編集

このティーサメノスは、テーバイの王テルサンドロスとアムピアラーオスの娘デーモナッサの子、アウテシオーンの父[9]トロイア戦争に出兵した父テルサンドロスがミューシアで戦死したとき、ティーサメノスはまだ幼かった。そのためペーネレオースが王となってテーバイのトロイア遠征軍を率いた。その後、ペーネレオースがトロイアで戦死するとティーサメノスが王に選出されたが、テーバイにおけるオイディプース王の家系は息子のアウテシオーンの代で途絶えることとなった[9]

系譜編集

 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
デーイアネイラ
 
 
 
 
 
 
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオレー
 
ヒュロス
 
グレーノス
 
クテーシッポス
 
オネイテース
 
マカリアー
 
テルサンドロス
 
デーモーナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオダイオス
 
アリスタイクメー
 
エウアイクメー
 
トラシュアノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティーサメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリストマコス
 
レオーナッサ
 
 
 
 
 
アンティマコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウテシオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレスポンテース
 
アリストデーモス
 
アルゲイアー
 
テーラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケイソス
 
カラノス
 
ヒュルネートー
 
デーイポンテース
 
アイピュトス
 
プロクレース
 
エウリュステネース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グラウコス
 
ソオス
 
アギス
 
 
 


先代:
ペーネレオース
テーバイ王(神話時代)
次代:
アウテシオーン

脚注編集

  1. ^ a b パウサニアス、2巻18・6。
  2. ^ パウサニアス、7巻6・2。
  3. ^ パウサニアス、2巻18・7。
  4. ^ パウサニアス、3巻1・5。
  5. ^ パウサニアス、2巻38・1。
  6. ^ パウサニアス、2巻18・8。
  7. ^ パウサニアス、7巻1・7-1・8。
  8. ^ アポロドーロス、2巻8・3。
  9. ^ a b パウサニアス、9巻5・15。

参考文献編集