マカリアー古希: Μακαρία, Makariā)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してマカリアとも表記される。英雄ヘーラクレースデーイアネイラの娘[1]。ヘーラクレースの死後、英雄の子供たち(ヘーラクレイダイ)はミュケーナイエウリュステウスから迫害を受けた。そのときマカリアーは自ら命を絶つことによって一族を救ったと伝えられている[2][1]

神話編集

エウリーピデース編集

エウリーピデース悲劇ヘーラクレースの子供たち』によると、ヘーラクレイダイはエウリュステウスの迫害から逃れるため、アッティカ地方のマラトーンに身を寄せた。アテーナイ王のデーモポーンは彼らを保護し、エウリュステウス率いるアルゴス軍と戦うべく兵を起こしたが、アテーナイに古くから伝わる神託を調べた結果、勝利するためにはハーデースの妃神ペルセポネーに良家の娘を生贄として捧げる必要があることが判明した[3]。それを知ったマカリアーは一族のために自ら進んでその身を差し出す決意をした。ヘーラクレースの甥イオラーオスは全ての姉妹でを引き、公平に決めるべきだと主張したが、マカリアーはむしろ偶然引いた籤で死ぬのは嫌だと言ってこれを退けた。こうして、マカリアーはデーモポーンの立会いの下でペルセポネーの生贄となり、彼女の望み通りに女性の腕の中で息絶えた[2]

パウサニアス編集

パウサニアスによると、ヘーラクレイダイがエウリュステウスの迫害を受けたのは、アテーナイ王デーモポーンの父テーセウスの時代とされている。テーセウスはトラーキース王ケーユクスに保護されていた彼らを受け入れ、エウリュステウスからの引き渡しの要求にも応じなかったが、ヘーラクレースの子供たちの中から自ら犠牲になる者が現れらなければアテーナイは戦いに勝つことが出来ないと神託で告げられた。そこでマカリアーは自ら喉をかき切って命を絶った。この犠牲によってアテーナイは勝利し、ヘーラクレイダイは救われた。マラトーンにあるマカリアーの泉は彼女の名前に由来するという[1]

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
デーイアネイラ
 
 
 
 
 
 
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオレー
 
ヒュロス
 
グレーノス
 
クテーシッポス
 
オネイテース
 
マカリアー
 
テルサンドロス
 
デーモーナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオダイオス
 
アリスタイクメー
 
エウアイクメー
 
トラシュアノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティーサメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリストマコス
 
レオーナッサ
 
 
 
 
 
アンティマコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウテシオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレスポンテース
 
アリストデーモス
 
アルゲイアー
 
テーラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケイソス
 
カラノス
 
ヒュルネートー
 
デーイポンテース
 
アイピュトス
 
プロクレース
 
エウリュステネース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グラウコス
 
ソオス
 
アギス
 
 
 


その他のマカリアー編集

  • ハーデースの娘[4]

脚注編集

  1. ^ a b c パウサニアス、1巻32・6。
  2. ^ a b エウリーピデース『ヘーラクレースの子供たち』474行以下。
  3. ^ エウリーピデース『ヘーラクレースの子供たち』389行-409行。
  4. ^ スーダ

参考文献編集