ケノーランド大陸

ケノーランド大陸(ケノーランドたいりく、Kenorland)は、新太古代の27億2000万年前に形成されたと考えられている超大陸。のちのローレンシア大陸(現在の北アメリカグリーンランドの核)・バルティカ大陸(現在のスカンジナビアバルト海)・西オーストラリア・カラハリア陸塊で構成された[1]新太古代安定陸塊付着成長と、大陸地殻の形成によって出来たと考えられている。

25億年前のケノーランド大陸の地図

火成岩岩脈古地磁気層序学上の研究分析などでこのプレート移動の再構成推定が可能になった。ケノーランドの中心であるバルト楯状地の痕跡は31億年前に遡る。イルガーン地塊(現在の西オーストラリア)には44億年前に遡るジルコン結晶が含まれる。

関連項目編集

参考文献編集

出典編集

  1. ^ Pesonen et al. 2003, Abstract