ジルコンzircon[4])とは、化学組成 ZrSiO4で表される、ジルコニウムケイ酸塩鉱物である。結晶系正方晶系を取る。風信子(ヒヤシンス)鉱ヒヤシンス鉱風信子(ヒヤシンス)石とも言う。

ジルコン
ジルコン
ブラジル産
分類 ケイ酸塩鉱物
シュツルンツ分類 9.AD.30
Dana Classification 51.5.2.1
化学式 ZrSiO4
結晶系 正方晶系
へき開 なし
モース硬度 7.5
光沢 金剛光沢
褐色橙色緑色
条痕 白色
比重 4.7
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示
ジルコンサンド

産出地編集

火成岩中に微小な結晶として、ジルコンは地球上で広く産する。風化や変質に強い鉱物なので、砕屑粒子として、砂岩などの堆積岩にも広く見られ、 これをジルコンサンド英語版などと呼ぶ[5]。また、それらが変成した岩石にも含まれる。

オーストラリアジャックヒルズ英語版で、地球最古の鉱物として見つかっている[6]

性質・特徴編集

ジルコンは、通常、ZrSiO4に近い化学組成を持つ。比重は 3.9 - 4.7、モース硬度は 7.5である。純粋な物は無色だが、不純物や結晶欠陥によって着色している場合がある。

ところで、ジルコニウムは4族元素の1つであり、さらに、同じ4族元素のハフニウムとは金属結合半径やイオン半径が近い。地球の地殻での濃度はジルコニウムの方が多いものの、ハフニウムも地殻中に存在する。このため、ジルコニウムの一部はハフニウムにより置き換えられ易い。特に、ハフニウムの割合が多い鉱物は、ハフノン(HfSiO4)と呼ばれる。

また、天然に産出したジルコンは、微量成分として希土類元素や、ウラントリウムなどを含む。ウランやトリウムを多く含む場合は、これらの原子核が崩壊した際に発生した放射線による損傷で、メタミクト現象が起きている場合がある。

用途・加工法編集

ジルコンは、ウラン、トリウムに富み、鉛に乏しいので、ウラン・鉛法あるいはトリウム・鉛法放射年代測定の対象鉱物として重要である。フィッショントラック法による年代測定にも広く用いられる。

また、無色透明のジルコンはダイヤモンド類似石として、古くから装飾用の宝石として用いられている。ただし、合成品のキュービックジルコニアとは組成が異なる。

ジルコングループ編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 理科年表 平成20年』国立天文台編、丸善、2007年、643頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ Zircon, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=4421 2012年4月13日閲覧。  (英語)
  3. ^ Zircon, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Zircon.shtml 2012年4月13日閲覧。  (英語)
  4. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、181頁。ISBN 4-8181-8401-2
  5. ^ 萩谷宏 (1999年10月17日). “ジルコンサンド”. 砂つぶの地球科学. 2012年4月13日閲覧。
  6. ^ 最も古いダイヤモンド”. Nature Highlights (2007年8月). 2012年4月13日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集