メインメニューを開く

ケミカル51』(原題:The 51st State / Formula51)は、2001年制作のイギリスカナダクライムコメディ映画

ケミカル51
The 51st State / Formula 51
監督 ロニー・ユー
脚本 ステル・パヴロー
製作 ジョナサン・デビン
アンドラス・ハモリ
マルコム・コール
シートン・マクリーン
デヴィッド・パプケウィッツ
製作総指揮 ステファニー・デイヴィス
サミュエル・L・ジャクソン
エリ・セルデン
ジュリー・ヨーン
出演者 サミュエル・L・ジャクソン
ロバート・カーライル
エミリー・モーティマー
音楽 ヘッドリラズ
撮影 プーン・ハンサン
編集 デヴィッド・ウー
製作会社 フォーカス・フィルム
フィフティ・ファースト・フィルムズ
アライアンス・アトランティス
配給 日本の旗 ギャガヒューマックス
公開 イギリスの旗 2001年12月7日
日本の旗 2003年2月1日
上映時間 92分
製作国 イギリスの旗 イギリス
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $27,000,000[1][2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $5,204,007[2]
世界の旗 $14,439,698[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

エルモはカリフォルニアの大学で薬理学を学び、薬剤師を目指す優秀な学生であったが、卒業式の日にマリファナ所持で逮捕されたことでその道を断たれてしまった。

エルモはロサンゼルスの麻薬組織の大物ザ・リザードの下でドラッグの精製をしていたが、ある日、ついに究極のドラッグ“POS51”の開発に成功する。だが、これを利用して足を洗おうと考えていたエルモはザ・リザードを裏切り、イギリスリヴァプールの犯罪組織に“POS51”を売り込もうとリヴァプールに飛ぶ。

そこでエルモはフィーリクスという男と出会うが、彼は大のアメリカ人嫌いだった。当然、2人はお互いに反発し合うが、そこへザ・リザードの差し向けた凄腕の女殺し屋ダコタが現れ、2人を狙う。さらに、地元のギャングや警察も巻き込んで、究極のドラッグをめぐる大争奪戦が展開される。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Formula 51 Box Office Data”. the-numbers.com. 2011年7月6日閲覧。
  2. ^ a b c Formula 51 Box office Mojo”. Box Office Mojo. IMDb. 2011年7月6日閲覧。

外部リンク編集