メインメニューを開く

ケルン放送管弦楽団(WDR Rundfunkorchester Köln)は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州ケルン市に本拠を置く、西部ドイツ放送協会(WDR)所属の2つのオーケストラのうちの1つ。

一般に知られるケルン放送交響楽団とは別団体。

概要編集

1947年楽団設立。 発祥は遡れば1927年に至る。

ケルンのフィルハーモニー 及び 放送局内クラウス・フォン・ビスマルクホールを本拠にする。

これまでに、ヘルマン・ハーゲシュテットやフランツ・マルサレクなどの他に、クルト・アイヒホルンユストゥス・フランツ、ペーター・ギュルケ、グスタフ・クーンピンカス・スタインバーグなどが客演している。 現在の首席指揮者は、ミハイル・ユロフスキが務める。名誉指揮者は、このオーケストラの首席指揮者を1997年から2003年まで務め、合唱指揮者としても著名なヘルムート・フロシャウアーである。

指揮者編集

歴代首席指揮者等編集

  • ミハイル・ユロフスキ(現任)

名誉指揮者編集

楽団員編集

日本人編集

吉田智晴がオーボエ奏者として、水間博明がソロ・ファゴット奏者として在籍している。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

外部リンク編集