ゲオルグ・ルガー

オーストリアの銃器設計家

ゲオルグ・ルガーGeorg Luger, Georg Johann von Luger, 1849年3月6日 – 1923年12月22日)は、ルガーP089x19mmパラベラム弾などの発明で有名なオーストリア銃器設計家である。DWM社の技師として兵器の開発に携わった。

ゲオルグ・ルガー
Luger19062iq.jpg
ゲオルグ・ルガー(1906年)
生誕ゲオルク・ヨハン・ルガー
(1849-03-06) 1849年3月6日
チロル州, シュタイナハ・アム・ブレンナー
死没1923年12月22日(1923-12-22)(74歳)
ドイツ, ベルリン
国籍オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
職業銃器設計家
代表作ルガーP08 9x19mmパラベラム弾
活動拠点オーストリア ウィーン

名前はドイツ語読みで「ゲーオアク・ルーガー」([ˈɡeːɔʁk luːɡɐ(ː)])、英語読みで「ジョージ・ルガー」であるが、一般的に「ゲオルグ・ルガー」と表記される。