ゲオルゲンベルク協定

ゲオルゲンベルク協定ドイツ語: Georgenberger Handfeste)は、1186年8月17日オーストリア公レオポルト5世シュタイアーマルク公オットカール4世の間でエンスにおいて結ばれた協定。

1250年時点でのオーストリア公国(赤色)、シュタイアーマルク公国(赤縞)。白色の背景は後のハプスブルク家の元でのオーストリアの領域を示している。

内容編集

オットカール4世はハンセン病に罹患しており嗣子がなく、オタカール家の存続は絶望的だった。そのため生前にレオポルト5世への公国譲渡を定めるためにこの協定が結ばれた。協定の要点は次の2つである。

  • オットカール家4世の死後、バーベンベルク家のレオポルト5世および息子のフリードリヒがシュタイアーマルク公国を継承する。以後同公国は同君連合のもと、オーストリア公国と永久に一体とされる。
  • シュタイアーマルクの各階級や市民の権利は今後も保証される。

後者により、ゲオルゲンベルク協定を一部のイギリスの歴史家が「シュタイアーマルクのマグナ・カルタ」と呼んでいるが、フリードによればこれは誤った認識である[1]

この頃のシュタイアーマルク公国は、現在のオーストリア共和国シュタイアーマルク州スロヴェニア共和国シュタイエルスカ地方(下シュタイアーマルク)を合わせたよりも広い領域にまたがっており、オーストリアのオーバーエスターライヒ州トラウン川地方のヴェルスシュタイアーニーダーエスターライヒ州ウィーナー・ノイシュタットノインキルヒェンまで及んでいた。

その後編集

1192年にオットカール4世が死去し、協定は履行された。この協定は1237年になって神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世に承認された[2]。1246年にバーベンベルク家が断絶すると、シュタイアーマルク公国はオーストリア公国と同様にハプスブルク家が継承した。このゲオルゲンベルク協定は、後のハプスブルク帝国の複雑な世襲領が成立する第1段階だった。

1848年革命まで、ゲオルゲンベルク協定はオーストリア帝国の憲法の一部であった。原本は現在グラーツの公文書館に保存されている。

脚注編集

  1. ^ Freed, p. 83, note 64
  2. ^ Freed, p. 182

参考文献編集

  • Freed, John B. Noble Bondsmen: Ministerial Marriages in the Archdiocese of Salzburg, 1100-1343. Ithaca, NY: Cornell University Press, 1995)