コカ・コーラ カスタマーマーケティング

コカ・コーラボトラーズジャパン > コカ・コーラ カスタマーマーケティング

コカ・コーラ カスタマー マーケティング株式会社(Coca-Cola Customer Marketing Co., Ltd.)は、全国規模のコンビニエンスストアスーパーマーケットなどの大手小売顧客やフードサービスチェーンを対象に、コカ・コーラ製品の営業、マーケティング活動を行う企業。東京都港区に本社を持ち、缶や瓶、PETボトルのラベルに記載の販売者にはこの企業が記載されている。

コカ・コーラ カスタマー マーケティング株式会社
Coca-Cola Customer Marketing Co., Ltd.
ロゴ
種類 株式会社
略称 CCCMC
本社所在地 日本の旗 日本
106-0032
東京都港区六本木6-2-31
六本木ヒルズノースタワー
設立 2007年1月1日
業種 食料品
法人番号 8010401058926 ウィキデータを編集
事業内容 清涼飲料水、嗜好飲料、その他飲料、菓子類、缶詰め、瓶詰食品等の販売並びに輸出入
代表者 代表取締役社長 井辻秀剛
資本金 3億円
従業員数 156人(2012年8月1日現在)
主要株主 コカ・コーラボトラーズジャパン
外部リンク www.cccmc.jp
テンプレートを表示


概要編集

1995年に設立されたコカ・コーラナショナルセールス(CCNSC)を統合、全国の各ボトラー社が担うマーケティングのノウハウを結集し、コカ・コーラナショナルビバレッジ社との連携を強めたマーケティングにて、購買者だけでなく、販売者共に新しい価値を提供するために設立された。

現在市販されているコカ・コーラ社の飲料は、ほとんどがこの会社を「販売者」として表記している[1]。それまでは、統合前のコカ・コーラナショナルセールスや、各ボトリング会社の名(製造元)を記していた。

2017年にコカ・コーラボトラーズジャパングループは、日本コカ・コーラ並びに北海道コカ・コーラボトリングみちのくコカ・コーラボトリング北陸コカ・コーラボトリング沖縄コカ・コーラボトリングの地域ボトラー4社との間で、コカ・コーラ カスタマー マーケティングをコカ・コーラボトラーズジャパン(2代、2018年1月1日付でコカ・コーライーストジャパンから商号変更)の子会社とすることで合意。コカ・コーラ カスタマー マーケティングは、2018年1月1日付で、コカ・コーラボトラーズジャパン(2代)の子会社となった[2]

沿革編集

  • 2007年1月 - 東京都港区六本木に設立。
  • 2018年1月 - 国内コカ・コーラボトラーおよび日本コカ・コーラの共同出資から、コカ・コーラボトラーズジャパン(2代)の子会社となる[2]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ただし特定保健用食品あるいは機能性表示食品として販売している製品については、同社でなく、日本コカ・コーラが販売元である。
  2. ^ a b コカ・コーラ ボトラーズジャパングループの新法人体制に関するお知らせコカ・コーラボトラーズジャパン 2017年12月6日

外部リンク編集