メインメニューを開く

コックスバザールベンガル語: কক্সবাজার Kaksbajar英語: Cox's Bazar)は、バングラデシュ南東部のチッタゴン管区コックスバザール県英語版の県都。 2011年の人口は22万3522人[1]で、国内14位。 世界最長の天然の砂浜を持つ海岸線で知られている[2][3]。 この砂浜は、穏やかな勾配を持ちながらも途切れることなく続き、その全長は125kmにも上る。 バングラデシュ南東部に位置する同国第2の都市チッタゴンから、南に約150kmの地点に位置する。 Panowaという別名でも知られており、これは「黄色い花」を意味する。 古くPalongkeとも呼ばれていた。

コックスバザール
কক্সবাজার
Cox's Bazar
Cox's Bazar-001.jpeg
位置
の位置図
座標 : 北緯21度35分0秒 東経92度01分0秒 / 北緯21.58333度 東経92.01667度 / 21.58333; 92.01667
行政
バングラデシュの旗 バングラデシュ
 管区 チッタゴン管区
 県 コックスバザール県英語版
 市 コックスバザール
地理
面積  
  市域 23.36 km2
標高 3 m
人口
人口 2011年3月15日現在)
  市域 223,522人
    人口密度   9568.6人/km2
その他
等時帯 BST (UTC+6)

今日ではバングラデシュでも有数の観光地の一つとなっている。 しかし、知名度の低さと交通インフラの問題から、2013年現在世界的な観光地とはなっていない。

2010年代には、隣国のミャンマーロヒンギャへの迫害が始まり、2016年頃には大挙、難民が周辺に越境してくるようになった[4]。 2017年、郊外に80万人の難民収容を視野に入れた難民キャンプの設営が開始。稼働すれば、バングラデシュ国内に避難してきたロヒンギャが集められる見込み[5]

人口編集

交通編集

脚注編集