コリン・モリカワ

アメリカのプロゴルファー(1997-)

コリン・モリカワ(Collin Morikawa, 1997年2月6日 - )は、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス出身のプロゴルファーである。日系アメリカ人。2020年のPGA選手権、2021年全英オープン優勝者。

TransparentPlaceholder.svg Collin Morikawa Golf pictogram.svg
基本情報
名前 Collin Morikawa
生年月日 (1997-02-06) 1997年2月6日(25歳)
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス[1]
経歴
大学 カリフォルニア大学バークレー校
現在のツアー PGAツアー
プロ勝利数 5
優勝数
PGAツアー 5
ヨーロッパ 3
メジャー選手権最高成績
(優勝: 2)
マスターズ T18: 2021
PGA選手権 Won: 2020
全米オープン T35: 2019
全英オープン Won: 2021
テンプレートを表示

キャリア編集

世界アマチュアランキング1位に立つなど輝かしい実績を残し、カリフォルニア大学バークレー校を卒業後の2019年にプロ転向。

プロ転向から4試合目の同年「3Mオープン」では、同じくプロ転向したばかりのマシュー・ウルフとの優勝争いの末に2位でフィニッシュ。

早速高いポテンシャルを示すと、転向6試合目の「バラクーダ選手権」で初優勝を遂げた[2]。プロ転向後はシーズンをまたいで22試合連続で予選を通過。

過去30年ではタイガー・ウッズの25試合連続に次ぐ2番目の記録だった。

予選落ち後の初戦となった20年7月「ワークデイ・チャリティオープン」でツアー2勝目を挙げた。

2020年8月9日、2020年のPGAチャンピオンシップで優勝、2度目のメジャー選手権のスタートでメジャーを獲得した[3]

2021年7月18日、2021年全英オープン、2位のジョーダン・スピースに2打差をつけて初優勝。1934年以来2つのメジャー選手権で優勝した最速の選手となった。また、デビュー戦で2つの異なるメジャーで優勝した最初の選手にもなった[4]

プロ優勝 (5)編集

PGAツアー(5勝)編集

凡例
メジャー大会 (2)
世界ゴルフ選手権 (1)
フェデックスプレーオフ (0)
その他 (2)
No. 年月日 トーナメント スコア アンダーパー 打差 2位(タイ)
1 2019年7月27日 バラクーダ選手権 47点 (13-7-13-14=47) 3点   トロイ・メリット
2 2020年7月12日 ワークデイ・チャリティーオープン 65-66-72-66=269 −19 Playoff   ジャスティン・トーマス
3 2020年8月9日 全米プロゴルフ選手権 69-69-65-64=267 −13 2 strokes   ポール・ケーシー,   ダスティン・ジョンソン
4 2021年2月28日 WGCワークデイ選手権 70-64-67-69=270 −18 3 strokes   ビリー・ホーシェル,   ビクトル・ホブラン,
  ブルックス・ケプカ
5 2021年7月18日 全英オープン 67-64-68-66=265 −15 2 strokes   ジョーダン・スピース

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Collin Morikawa – Profile”. PGA Tour. 2021年4月17日閲覧。
  2. ^ コリン・モリカワの活躍で出てくる 左手がウィークグリップの選手が増える可能性”. 【SPAIA】スパイア (2020年8月31日). 2020年11月16日閲覧。
  3. ^ モリカワWGC初制覇でウッズ以来2人目の快挙 松山英樹15位” (日本語). GDOニュース. 2021年7月19日閲覧。
  4. ^ 全米プロも全英も初出場V コリン・モリカワが胸に刻むケプカの言葉” (日本語). GDOニュース. 2021年7月19日閲覧。

関連項目編集