コリーヌ・レイ=ベレット

コリーヌ・レイ=ベレット(Corinne Rey-Bellet 1972年8月2日 - 2006年4月30日)は、スイスヴァレー州Les Crosets出身の元アルペンスキー選手。

獲得メダル
スイスの旗 スイス
アルペンスキー
アルペンスキー世界選手権
2003 サンモリッツ 滑降

経歴編集

1992年1月15日に17歳でアルペンスキー・ワールドカップにデビュー、すぐにアルベールビルオリンピック代表に選ばれ大回転17位、同年3月21日の大回転のレースでは3位に入賞した。

1996年の夏にトレーニング中膝の十字靭帯を損傷するケガを負い、1996-1997シーズンを棒に振った。

1997-1998シーズンに復帰し、1998年1月24日のスーパー大回転のレースでは4位になった。長野オリンピックでは滑降30位、スーパー大回転31位と振るわなかった。

1999年1月16日にオーストリアのサンクト・アントンで行われたレースは彼女のベストパフォーマンスの一つである。午前中に行われた滑降でワールドカップ初勝利をあげると同日午後に開催されたスーパー大回転でも優勝、1日に2勝という珍しい記録を残した。

2001年アルペンスキー世界選手権では滑降、アルペン複合でともに4位とメダルに届かなかった。2002年のソルトレイクシティオリンピックは自身4度目のオリンピックだったが、滑降5位、スーパー大回転9位、大回転13位とやはりメダルには届かなかった。

地元サンモリッツで開かれた2003年アルペンスキー世界選手権の滑降ではオーストリアのアレキサンドラ・マイスニッツァーと同タイムで2位となり銀メダルを獲得した。このシーズンを最後に現役を引退した。ワールドカップ通算5勝(2位3回、3位7回)。

2002年に銀行員の男性と結婚、引退した2003年には長男を出産した。

2006年4月30日ヴァレー州にある両親の家で撃たれて亡くなっているのが発見された。彼女は妊娠3ヶ月であった。彼女の兄弟のアラン(翌金曜日に結婚することになっていた)もまた亡くなり、母親も重傷を負った。2歳だった息子は無事だった。当時彼女の父親は留守にしていた。

この事件から遡って10日前から別居していた彼女の夫に対して逮捕状が出た。5月3日に夫は自殺体でスイス警察に発見された。使用された銃はコリーヌ・レイ=ベレット殺害に使用されたものと同じものであった。

出典リンク編集