コンフォート・フォー・チェンジ

コンフォート・フォー・チェンジ(Comfort For Change)とは、アメリカ合衆国,アリゾナ州フェニックスにて結成されたスクリーモバンドである。メンバー全員が、影響を受けたアーティストとして"Deftones"や"Killswitch Engage"等を挙げている。

コンフォート・フォー・チェンジ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アリゾナ州フェニックス
ジャンル スクリーモ
ポスト・ハードコア
エモ
活動期間 2005年-現在
レーベル アメリカ合衆国の旗自主制作
日本の旗Triple vision
公式サイト confortforchange.html
メンバー リチャード・カーリス
アンソニー・ガブッジ
キャメロン・クック
スティーヴン・メディゴビッチ
ベン・アンダーソン

現在のメンバー編集

  • リチャード・カーリス/Richard Carlise - (ヴォーカル)
日本でも人気の高いロックバンド"Cage9"のドラマーを務めているゴードンの弟で、アンソニー・キャメロン等と共に"Stacmode"というバンドを結成していた。
  • アンソニー・ガブッジ/Anthony Gabuzzi - (ギター)
  • キャメロン・クック/Cameron Cook - (ギター)
  • スティーヴン・メディゴビッチ/Steven Medigovich - (ベース)
過去に"Kill The New Kelly"というバンドに所属していた。
  • ベン・アンダーソン/Ben Anderson - (ドラム)
過去に"Depiction Of A Massacre"というバンドに所属していた。

略歴編集

2005年に、元々違うローカルバンドに所属していたメンバー達によって、アリゾナ州フェニックスにて結成された。アリゾナ州で最大のロックフェスティバル「Edge Festival」にて、見事予選を勝ち抜いてメインステージでの公演権を獲得するなど、かなり早い段階から頭角を現していた。その後も、"Jimmy Eat World"や"Plain White T's"等の大物バンドとの共演を果たしながら、アメリカ南西部での知名度を着実に上げていき、日本のレコードレーベルTriple visionと契約を結ぶ。そして2008年12月3日に、1stアルバム「Stories That Didn't Hit The Page 」をリリース。

特徴編集

彼らの得意とする楽曲は「ヘビィで荒削りなギターサウンドに、絶叫を交えながら、美しいコーラスを繰り出す典型的なスクリーモスタイル」だが、所々にラテンミュージックからの影響を感じされる箇所がある。また、メンバーそれぞれが元々違うバンドで活躍していた経験もあってか、1stアルバム「Stories That Didn't Hit The Page」に収録されている楽曲は、どれもクオリティが高いものとなっている。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位 セールス
2008年12月3日
Stories That Didn't Hit The Page
triple vision
-
-

シングル編集

  • "Remedy" - 1st「Stories That Didn't Hit The Page 」に収録。

外部リンク編集

脚注編集